読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡庸記録3

40代のフィジカルトレーニングとゴルフ他仕事以外の報告

深夜東京徘徊特急

LSD」2時間以上、心拍数を上げないでじっくり長く有酸素運動をする

コレをはじめてやった時、膝が痛くなってうんざりしました。

まあ、やらなくてはいけない事なんでしょう。

でも、楽しく、楽にやりたいので、「次はチャリでやすゼ」って思いながらやっておりました。

でチャレンジしてみました。

甲州街道を新宿→皇居→銀座→勝鬨橋→築地→浜松町→増上寺→六本木ヒルズ→表参道→井の頭通り

銀座和光

勝鬨橋

増上寺+東京タワー


○と×

1)意外なほどの移動距離。

これほどまで移動できるとは思っていませんでした。

日曜夜はジムも休み、ゴルフ練習場も割高で行きたくない。などなどで時間を持て余していたのですが、良い遊びを見つけました。

今後この東京徘徊(パトロール)はもっと色々行ってみたいです。

2)ジョギングより楽しい。

気持ちいいです。気候が良いのも確かです。この辺は今後冬に向けて色々対策が必要になると思います。

3)息が上がらない

教科書の「LSD」の説明ではくどいほど「息を上げないペース」、「会話できるぐらい」と書いてあります。

その辺の按配は調整が自然とできました。


×

1)チャリ故の危険性は否めない

ヘルメットして、後方ライトも点滅させておりますが、やっぱり怖いです。

慣れているので、さほど感じませんが、危険性は認識しております。

2)音楽を聞けない

かつて今ほどうるさくない頃は普通にヘッドフォーンしていたんですけでどね。

ナシでこれほどの長距離は初めてかもしれません。さほどの音楽好きでもないのでさほどの苦ではありませんでした。

3)ゴーストップ

信号を守るので、意外と結構止まります。都内は結構お巡りさんいますからね。

これについて、「LSD」としてはいかがなものか?

今回心拍数計は付けていないので細かいことは分かりません。○の「息が上がらない」にも繋がるのですが、若干不安にすらなります。



ガーミンによると

約33km
これは信号待ちの都度、手動で一時停止をしていたのですが、時々青信号で再度スタートし忘れて、慌てて途中から再開させた事が影響していると思います。最高スピードが132km/hですから怪しい。
今後は帰宅までいじらないでみます。

しかし
結構走ったと思うのですが、フルマラソンって、これ以上って思うとぞっとします。

まだまだトレーニングが必要ですね。