アスリートおじさん記録

凡庸記録3

「プロ」は自営業って事で名乗っているだけで、ゴルフがうまかったり格闘技強いとかではありません。40代中年おとこのフィジカルトレとゴルフの話し。

箱根で色々収穫

私の中では箱根カントリーがベストゴルフコースとなっております。

コース難度はもちろんですが、雰囲気や気候も大好きなのです。

更に言うと、ここのロッヂで前泊するのも好きなわけです。

そんな箱根1泊ゴルフをやってきました。

こちらが、ロッヂの部屋からの外の風景。

築年数は絶対昭和な建物に小さい部屋でベッドがあるだけなんですが、懐かしいほっとする雰囲気です。子供の頃の臨海学校や山の学校でこんな施設に宿泊していたような気がします。

ゴルフ場は雄大な仙石原の湿地帯を活かした作りになっております。自然の荒々しさを感じることが出来ます。私のホームコースも含め、よくいくゴルフ場はほとんど箱庭志向なので、時々こんな大自然に触れたくなります。

「自然むき出し感がコースのタフさを引き立てている」なんてセリフを考えてみました。

さて

プレーですが今回、毎ショット全てをメモってみました。

二枚のスコアカードを折って、反対側に自分のショット。(左アウトに対して、右側はインの内容を写真撮ってしまいました】

 

ゴルフ メンタル強化メソッド (パーフェクトレッスンブック)

ゴルフ メンタル強化メソッド (パーフェクトレッスンブック)

 

 最近、コレ読んでちょっと毎ショットの記録を付けることがPDCAのCかな?って思ったのです。今まで同伴者で付箋に記録している方を見かけたことはありましたが、なんかギスギスしているように感じて、自分では出来ないと思っていました。

しかし、やってみると、さほどの労力ではありませんでした。

この記録を使って帰宅後記録におこしてみました。

 

1h

1.1w左ひっかけラフ

2.9iグリーン手前

3.58度だるま落とし

4.58度寄せ

2PT

飛距離より確実にフェアウェイセンター

58度寄せの精度

短い寄せはワンパット圏内に入れる

 

2h

1.9iグリーンオン

2PT

 

3h

1.1w⚪︎

2.3utショート

3.PWグリーン奥オン

2PT

 

4h

1.5w⚪︎

2.7iグリーンオン

2PT

 

5h

1.1wひっかけ

2.3utフェアウェイセンター

3.52グリーンオン奥80y

2PT

 

6h

1.6ibk

2.グリーンオン

2PT

 

7h

1.1w右ラフ

2.52bk

3.bk

3PT

1w真っ直ぐ

足場悪く、グリーン浅くバンカーある悪い条件ならフェアウェイセンターに戻す

7hはグリーン左側花道から入場鉄則

 

8h

1.1wゴロだが⚪︎

2.3utゴロで川淵

3.PWbk

4.グリーンオン

2PT

3utの精度

グリーン外して打つ時はエプロン側

 

9h

1.⚪︎

2.9iゴロでグリーン左bk

3.グリーン左オン

3PT

アイアン精度

グリーンセンターを狙う

 

後半は省略します。

今回記録を付けてみての反省は、打つ前のデータを記録しておくべきだったということです。

150y、フォロー、砲台、ピン奥で7I

みたいに打つ前の情報から選択ミスがこの記録ではまだ見えてきません。「C」チェックが甘いPDCAはAにつながりませんからね。

 

で、結果の数字は48,45PT38

レギュラーティーなので、もう少し頑張った数字じゃあないといけませんね。

自分の実感ではアイアンのミスを感じていたのですが、記録によると3UTと52のミスが多いいようです。なるほど。どちらも練習を最近やっていなかった気がします。

 

あとパット

グリーンが難しく、読みきれなかったこともありますが、これも自宅でのマットをやっていなかった。

上のスコアカードで同伴の「安」さん見事パープレーしています。

やはりこの違いは2打目の違いであることを痛感しました。この辺からアイアンの精度を感じたのだと思います。当然そこも問題ですが、とりあえずはUTと52とパターとして練習します。

そう言えば、もうひと方「関」さんと「安」さんの会話を盗み聞きしました

「毎日練習されているのですが」

「練習場にはほとんど行けません。毎朝パターとバットで素振りをしています」

なるほど

毎日クラブを持つ大切さですね。