アスリートおじさん記録

凡庸記録3

「プロ」は自営業って事で名乗っているだけで、ゴルフがうまかったり格闘技強いとかではありません。40代中年おとこのフィジカルトレとゴルフの話し。

ガーミン壊れた

この状態からの

映らない状態になりました。

完全に壊れました。

まだ半年しかたっていません。

しかし保証書とかきちんと管理していないので、どうしようか

改めてこのガーミンを考えてみます

 

ランニング

→普通にランニングウォッチとして使える。GPSや光学式心拍数計も調子いい。

→データをナイキとランキーパーに同時に転送できるので、友達のどちらにもデータを共有できる。

ウエイトトレーニング
→トレ中の心拍数も記録取れる。これのお陰でトレ中は心拍数が平均して100程度であることがわかった。

歩数計

→精度は微妙だが、一日の目標11000歩を意識する生活が遅れるようになった。

睡眠計

→目覚めのいい日は深い眠りが2時間以上であることがわかった。

 

長所というかいい事ばかり書いていますが、短所もあります。

1)データ採取が気になりすぎて外せない。
歩数や心拍数の変化などが気になって外せません。

今回のこの故障で思い当たるのはサウナでの心拍数の推移が気になってサウナですら付けていました。風呂やサウナって思ったほど心拍数が上がりませんでした。

2)他の時計を使えなくなる。
上記理由とかぶります。

3)そのくせ正直特別かっこよくない。

4)ゴルフで単位をマイルにしないとダメ。打数はゴルフ場で入力しないとダメというのが面倒。

 

まとめると

1)時計本体で心拍数が計測できる光学式のお陰で心拍数データを気楽に採取できるのは素晴らしい。→でもこれはウエアラブルでなくても現在は普及している。

2)ランニングウォッチとしてはコンパクトでいい

3)ゴルフGPSとしては使いにくい。

4)トレーニング中の心拍数計もいいが、特別必要なデータではない。

5)耐久性はない

6)ダサい

7)電話やメールの通知はとても有効

8)この機種である必要性は薄い

 

今後ですが、修理(交換)ができるのか?出来たとして再度使うか?

買い換えるなら

 

案1)

光学式の付いている一番安い35Jに切り替える

案2)

 

 アップルウォッチに切り替える。

これなら日常使用でもダサい感から開放されるような気がします。

 

最近、私は悩んだ時の解決方法はズバリ

「悩んだときは両方買う!」

です。

 

私の同級生の友人でガチマラソン趣味の人に聞いた処

AppleWatchは十分ランニングウォッチとして有効。でもレース本番のときはラップタイムを教えてくれる様にSUNNTOを使っているとのこと。

 

 いかにもガチっぽいご意見ですね。

私は安価なガーミンで十分ですので、

35J+AppleWatchとしたいと思います。