凡庸記録

46歳の「ボディーメイク」「ゴルフ」「マラソン」の記録。参考にしていただければ幸いです。

株式投資について

一度ぐらい個人中年男性趣味ブログっぽく株式投資、運用について書いてみます。

前提状況

私の場合の状況は

1)零細個人企業の法人で管理

2)先代からの塩漬け処理

という世の株式投資家ブログの様な積極性ゼロ%野郎です。本音は出来ることなら本業以外のことはやりたくない。自己資本比率の為にも無駄な資産で肥大させたくない。

後ろ向き丸出しな投資家ですね・・・・

株リスト売却済みを含む(2010.4〜2021.3)

1)トレンドマイクロ (簿価2,049円)

f:id:shi4109216:20210402145829p:image

なんの会社なんでしょうねえ。よくわかりませんが、現状の市場では手持ちの中では優等生側です。

2)東京TYフィナンシャル・グループ(簿価2,178円)

f:id:shi4109216:20210402145850p:image
取引銀行という事で購入しちゃったんでしょうね。気がつけば合併して把握できていません。さらには冷え込んでいる状況です。処分タイミングが問題です。

3)太平洋セメント(簿価3,050円)
東京オリンピック準備時期に処分しそこねました。私のミスです。

f:id:shi4109216:20210402145949p:image


4)塩野義製薬(簿価6,101円)
f:id:shi4109216:20210402145942p:image

コロナ禍でさらに処分がわからなくなった困った銘柄です。困ったもんです、はい。


5)商工中金(簿価174円)

取引企業しか買うことが出来ない銘柄です。一般的な株ではないのでこの欄に乗せるのが適切疑問もあります。配当率が良いので塩漬け銘柄とはしていません。


===以下は売却済み===
5)東京精密(簿価1,450円)

 

これは×5ほどで売却できました。年度のはじめであえて利益を確定させました。


6)丸三証券(簿価600円)
f:id:shi4109216:20210402145756p:image

2020年売却。散々低迷して塩漬け状態でした。iPhoneの株価アプリをふとみたらちょっと上がっていたので売却しました。35万ほどのマイナスで売却。マイナスですが個人的にはよく我慢した。ということにしました。


7)資生堂(簿価1,651円)

 

2019年売却。これは総額でさほどなかったので、まあとりあえず損は出ていないから売っちゃえ。って程度で売却しました。いまさら改めて振り返ると、安い時買って良い時売った様です。


8)安川電機(簿価1,332円)
f:id:shi4109216:20210402145925p:image

2018年売却。これも損出ていないなら上等。と言って売却。振り返ると微妙ですね。持っていれば結構利益出せていた様です・・・


9)ヤマトホールディングス(簿価単価1,276円)

f:id:shi4109216:20210402145912p:image

2020年売却。下がったのですが、コロナ関連株として浮上していたのでヨシと思い売却。良い売却が出来たとおもっていました。今見ると微妙ですね・・・

 

簿価の数字は単価です。株数は色々ですから。買い足した結果の平均値の銘柄もあります。
損益出して年度末に税金対策としてコツコツ処理するケースがほとんどです。
基本塩漬け株しか扱っていなかったので、よく分かっていませんでしたが、売却益が出るとほとんど税金がかかり、ほとんど残らないことに驚きました。詳しい説明は割愛しますが(専門のサイトに行ってください)、結局手数料とる証券会社を儲けさせている様にも感じます。

このコロナ禍で株式市場がどうなるのかわかりませんが、今回10年のグラフを見て思ったのが、「塩漬け株」といいながらも一時期に比べ全体的に上がっている。精算前提で考えるなら今がその時期というのは間違いないのかもしれません。

 

おれの結論

1)売った株のその後は見てはいけない。
2)おれは株の投資はセンスがない。
3)税金考えれば利益出しても無駄。

→さっさとキレイに処分して本業に専念したい。

 

ちなみにプロは

某大手商社トレーダーをやっていた後輩に聞いたのですが一般投資家と情報量の差はない。利益を出せるかどうかの違いは「その企業、銘柄を調べすぎて愛しすぎて売り時を逃すかどうかの違い」との事です。
やっぱりおれの結論↑で良いと思っています。