凡庸記録

46歳の「ボディーメイク」「ゴルフ」「マラソン」の記録。参考にしていただければ幸いです。

楽天証券にチャレンジ。ポイントで「つみたてNISA」

。タイトル↑のまんまですが、長々と書いてみましたので読んでください。

 

先月の総選挙で

「つみたてNISA」に課税するか否か

なんて話題になって、はじめて興味をもった情弱おじさんです。逆に、そんなにいいならやりたいと思ったわけです。楽天証券に口座を作ったものの、個人で株の売買は納税とかめんどくさそうと躊躇っていたのでこれは正にベストマッチかもしれません。

 

おれ楽天事情

メインのクレジットカードとして「楽天プレミアムカー」を使っています。会社経費の立替え払いで結構使っています。ガソリン、飲み代がほとんどですが、新幹線や飛行機などもまあまあ発生します。個人消費としてはスイカチャージもこれですから、安定した使用量もあります。

結果月に1000ポイント前後発生しています。→これだけで考えると年会費が11,000円ですから率低くてもシルバーのカードの方が得なのかもしれません。しかし上限を超える月が発生した場合、前もってデスクに連絡する云々の手間が面倒なので、現状に落ち着いています。

シビアなポイントマニアでしたら楽天カードの「法人カード」を作って経費はそちらで精算して、個人はシルバーで決済。両方のポイントを合算!って言うのもいいのかもしれません。

こうして溜まったポイントは、ちょっと買いたいんだけど現金使うのに抵抗もある買い物に言い訳半分自分に言い聞かせながら消費(なんのこっちゃ)していました。

↑これをきちんと貯めて資産化させようという話です。金融商品もある意味買うのにちょっと躊躇いや抵抗も有る買い物かもしれません。

ちなみにこのブログのアフェリエイトは月100円程度発生しています。しょせんその程度です。いままで寄付していましたが、今は東京マラソンのチャリティーランナーとしてしっかり寄付をしているので、寄付はそちらで済んでいるとします。

やっと本題。先ずは楽天証券の口座開設

www.rakuten-sec.co.jp

この会社に限った話ではないと思いますが、「本人確認」でかなり手間と時間がかかりました。途中飽きて?!放置期間があったのも事実です。

f:id:shi4109216:20211118133603p:plain

半分挫折して中途半端に放置していたら↑こんなメールが届きました。
やんわり背中を押されながら、どうにか開設にこぎつけました。

f:id:shi4109216:20211118134434p:plain

いままで上場株の売買は法人名義で親戚筋の証券会社と電話で注文していただけなので、一気に21世紀に来てビビりました。

では上場株、何買う?

正直、何かっていいかわからん。納税とかもどうなるんだろう。

開設までこぎつけたものの、もう面倒モード。選択肢が広がると、逆になにも選択をしたくなくなるという心理学の飛ばし読み項目を思い出します。

又、法人で株の売買をするときは資金力もあるので、さほどキャッシュに気にすることはないのですが、個人だからそうもいきません。証券会社を経営していた祖父は母に「信用取引だけはするな」と言っていたという話も記憶にあります。

というわけで、、、、

ココで終わるのかなって思っていました。

冒頭の選挙でNISAに税金かけるか否かという話。

news.nifty.com

NISAがあったよね!

って逆宣伝?で引っ張り出してきたわけです。

f:id:shi4109216:20211118162155p:plain

というわけで、毎月2,000円ポイントを含む金額を「つみたてNISA」にぶっこんでみることにしました。

f:id:shi4109216:20211118162300p:plain

野村つみたて外国株投信・・・・・・

正直言って銘柄については適当です。わかんないもん。

たとえ低額であっても経験のある株の売買の方がわかりやすい気もします。しかしこれも新しい経験、勉強のきっかけとしていいと言うことにしました。

今回は

・聞いたことある「野村證券
・外国の方が経済の動きがあるんでしょ

ってことだけで選びました。ひどいぼんくらチョイスです。

後追いで調べてみると、このファウンドを詳しく解説しているブログもあるんですね。

shintaro-money.com

情弱には助かりますね。

さて、今後どうなるのか?たのしみです。動きがあればまたネタとして取り上げます。