ゴルフ マラソン トレーニング 筋トレ ジム 

凡庸記録3

マラソン(東京マラソン2019でサブ4目標)とゴルフ(インデックス9目標)とベンチプレス(MAX150㎏目標)と断酒を目指す44歳の記録

攻城報告

f:id:shi4109216:20190119110217p:plain

↑攻城団のマイページ記録です。

東京都内の城は全てランニングの目標地点として活用している「ランニング攻城」の結果です。そのためこの城群のなかでも最も資料のない「大蔵城」がNO,2となっているのは、我が家ととの往復距離や道がほぼ仙川沿いの遊歩道を使えるなどが理由です。

 

江戸城を意外と多く攻めている。
来週も行きます。友人とランステを使って皇居ランを予定しています。

 

基本的には観光地に行って城巡りができていない訳です。
出張、旅行をもっと増やして機会増やしたいものです

ゴルフ近況報告

2016年の東京マラソン反省番外編として

ゴルフを一切やっていこなかったので、レース後感覚を取り戻すのにも苦労しました。

「感覚」だなんてプロじゃあないんだから大げさですが、本人がそう思っちゃったんだからしょうがない。

 

1)ちょくちょく練習に行っております。

・アプローチの時はちょいしっかり握りヘッドをおくらせない

・フェースローテーション、フェースの向きを意識するようになった

・打った球筋を気にしないで体の正面で捉える

 

2)道具の入れ替えその1

ウエッジをこのキャロウェイの52と58に変更。オヤジの使い古しのモノです。
溝のへたり感が、逆に距離感に違和感なく移行できました。私の好みは本当はもうちょっとだけグースがある方がいいのですが、シャフトがDGのイシューという処がいいと思っています。

 

3)道具の入れ替えその2

6千円程で購入。

飛ぶ3Wが主流なんだと思いますが、私は上がるFW形状のほうが好きです。
アダムスのタイトライズをメインにサブで冬用として三代目Vスチールを使っていました。Vスチの方はさらにシャフトが短く42インチ(推定)。
上がりやすく程々飛ぶんでいいんだけど5Wより短いってどうよ!?って引っかかるのです。今まで事あるごとに三代目Vスチ×ランバックス金色を中古やで物色していました。

そこで見つけたのが↑のタイトリスト913F/3Wシャフトはディアマナ青で6,000円。マキロイも使い続けたエピソードもそそられます。

 

4)シャンクがでる

忘れた頃シャンクがでます。

原因はやはり動画みたりしてスイングをいじっていると出やすいので、これは今はあまり深刻に受け止めていません。でもちょっときになる。

 

5)前傾姿勢の維持

これも動画ネタからでもあるのですが自分のスイング動画をみるとトップに持っていくときに上体がブレる癖を直したいと思っています。

 

自重クロスフィットトレーニング

息子サッカーチームの練習中、グランドの端でトレ

ただ見ているだけなんて寒いし、正直つまらない。
って俺は思うんだけど、私以外のお父さんお母さん方は熱心にご覧になっている。

人工芝なので、正直気持ちよくトレできます。使わない手はないと思うのですが、鉄棒やら器具(遊具)の使用は禁止なので必然持ち込める自前道具以外は使えません。

メニュー

1)なわとび

フィットネスマスク10分

2)ランジ

加圧30×3

3)四股

加圧30×4

4)自重ジャンピングスクワット

30×3

5)四股ジャンピングスクワット

10×3

5)クランチ

30×4

6)背筋スパイラル

20×4

7)ランニング

20分、加圧、フィットネスマスク

 

わざわざチューブと腹筋ローラーを持ち込んでいたのですが、使うことを忘れていました。とはいえ、それなりししっかりトレーニングができたと思います。

 

おれ採用動画+追記

追記

↑は採用したはずなんですけど、やっぱりやめました。
なんか力んじゃうんです。

地味に採用したのが 

コレ↑

グリップをある程度しっかり握れば、ヘッドが遅れることないからダフらない。

「しっかり握る」といっても力まないで雑巾を絞る握り方で力まない程度

コレを意識するようにしました。

これが、ダフリ撲滅の特効薬となっております。

100y以上のショットのダフリ対策とは別なんで、そちらはそちらの特効薬がまだ必要ですね

サントリーセサミンEXのサンプル+追記

莫大な広告をだして、否応なしに目につく

サントリーセサミンEX

の無料サンプルモニターに応募してみた。

飲み方として

朝、食事前が一番吸収が良いのでおすすめとの事。

その辺は結構きちんと守るタチなので、その通りに服用しております。

効果はまあ、ありますよ。なんかちょっと気分上がりますね。無駄ではないと思いますよ。

 

なぜ、コレに手を出してみたのかというと

アナバイトがアマゾンで買えなくなったからです。

 

諸般の事情

 

ということでしょう。

他には

 

バルクスポーツ マルチビタミンミネラル ビタマックス 240カプセル

バルクスポーツ マルチビタミンミネラル ビタマックス 240カプセル

 

 このバルクスポーツのマルチビタミン、ビタマックスも買ってみました。

あとは

NOW亜鉛

アナバイトさえあればあれこれ手を出す必要がなかったわけで、本当に惜しい思いです。

 

結論から書くと、

激安のNOWの亜鉛さえあればOK

ということだと思います。飲めば飲むでそれなりに効果はあります。でも本当に必要かというと、なくても三食きちんと食えていれば大丈夫なんです。

セサミンなんか超高い 

TVのCMにでている程の爺連中が年金を溶かす事は止めませんが・・・・・・

 

結論 

・毎晩寝る前に亜鉛

・体調が悪かったり、疲れを感じるとき朝にビタマックスをプラス

とすることにします。セサミンEXは高い(高すぎる)から不採用

 

 

追記

ジムでトレする前に血圧を測るようにしています。

深い意味はないのですが、先日測ったら104.70とかなり低い。

もともと110〜120程度と低めだったのですが、さらに低い状態です。

調べてみると

www.news-postseven.com

セサミンと降圧薬
 ゴマに含まれるセサミンには、強い抗酸化作用を持ち生活習慣病の予防やアンチエイジングなどの効果が期待されていますが、血圧を低下させる可能性もある。つまり、降圧薬と併用すると予想以上に血圧を低下させてしまうおそれがあるのです。

なるほど、

まあ健康被害でもなんでもないのですが、効果はいろいろでるということがわかりました。

 まあ、お値段といい、効果といい、お金で若い状態を手に入れたい高齢者向けなのかもしれませんね

「汗冷え」をあえてやってみた

冬にレースではなく、通常のランニング練習で何を着るか?

 

状況としては、寒いから着たいけど、着すぎると後々重たい。
でも、意外とアップからペース上げて走っている最中も寒く感じる事もある。
多かれ少なかれ、皆さん同じ状況かと思います。

下着事情となると、一般的にはユニクロヒートテックでがあるわけで、
私も運動をしないときは愛用しております。

コイツがちょっと厄介者で、運動をしない分においては暖かく申し分ないのですが、

「コレ(ヒートテック)を着て運動をすると死ぬ」

というネタが毎冬、ツイッターやブログやらに出回るわけです。

速乾性側の素材ではないので「汗冷え」

という話。ストップアンドゴーで長時間に過酷な環境にいる「登山」「スキー」「ゴルフ」などではありうる話だと思います。

そこでモンベルのジオライン

これが巷に広がる結論。(はい私も何枚も(薄、中、厚持ってますよ、最高です)

 

しかし、私が通常のランニングは1時間程度、一気に汗かいたらそく自宅で着替える。

これならわざわざモンベル様を持ち出さなくても

寝る前に着たヒートテック上下のままジャージ着て走ってもいいんじゃねーの?

→朝のランニングで着替えるの面倒だっただけですけどね

って訳でやってみました

気温約3度、距離約11km、時間約1時間

 

結果1


ヒートテック上下にパジャマなので、パジャマだけ脱いで長袖ジャージとウインドブレーカーを着るだけで楽。朝の折れそうな意志との戦いで、ランニングをするハードルが低いことは大切。
→◯


結果2

折り返し地点のコンビニで例によって大便→やっぱり「汗冷え」→まあ我慢できる範囲
→△

結果3

コンプレッションがないので動きやすいことは動きやすい
→◯


結果4

気になる範囲ではないが、後半汗を吸った重たさも感じた
→△

 

<結論>

・1時間10km程度を一気に走るなら、ギリセーフ

 

しかし逆にモンベルのジオラインだからといって過信も禁物です。

この時、ジオライン着て21km走ったのですが、着替えを持っていませんでした。
電車で帰り、駅からの徒歩8分は体が冷えて死ぬかと思いました。

 

<結論2>

ヒートテックでランニングは1時間まで

ジオラインでロングランニングは◯だが、終わったら着替える

 

まあ、当たり前の事ですね。

当たり前といえば


冬期専用コンプレッションアンダーウェアにしておけば間違いはないわけですけどね

VibramFiveFingerを衝動買い

ゴールドジムのショップでVibramFiveFingerを

 

衝動買いしました

 多分↑のゴールドジムモデルだと思います。

金額は

メンバー割引を入れて税込み16,329円そして駐車券300円おまけ

 

 

主にジムフロア用として使用しているKSOと比較すると 

 

かなりスニーカー寄り。ソールから横、かかとまで全てしっかりとした作りとなっていました。

 

ジムのショップで見るやいなや、購入決定。コレで東京マラソンいけるかも!?

なんて試し履きする前から妄想。

 

さっそくのランニング

あえてソックスを履いてみました。
(普段KSOは素足で使い、使用後はファブリース)

しっかりした感、ホールド感、硬い感この辺が歴代履いてきたVibramFiveFingerとは違う新しい感触でした。

膝やかかとなどにくる衝撃は従来同様にあります。

東京マラソンはコレで走るか!となると、やっぱりちょっとコレではないな

とも思いました。やっぱり今は厚底ブームですしね。

使い方は

記録を狙う本番ではなく、日常のトレーニングとしてコレを履いたランニングを週一回程度やってバリエーションを広げるのはいいのではないでしょうか。