ゴルフ マラソン トレーニング 筋トレ ジム ランニング

凡庸記録3

目標(1)マラソン・サブ3.5(2)ゴルフ・HC9(3)トレ・ベンチ150㎏

森林公園ゴルフ倶楽部でコンペ

地元組織のコンペに行ってきました。

場所は埼玉県の森林公園ゴルフクラブ

www.skgc.info

初めて来たコースでした。

レギュラーティーはハーフで3000y未満ってすげー。
練習していないけど、とりあえず80台で回らないと行けないプレッシャー。

友達がいないので、だれも握ってもらえませんでした・・・・・・

ってこの「握り」が問題なんです。「ハンデ」が嫌いなんです。
ハンデ前半2後半2の4あげるとかもらうとか
これをやりだすと、大抵、この時点で勝負ついている。

「真剣」さを求めてやるのに、「金」なら仕事していたほうが良いわけです。

結局平均して80台前半で回っているこの組織の長の方とスクラッチでお約束。

結果

バンカーはもっと入っていますが記録ミス。
アイアン、ウエッジの精度をもう少しあげないとって話は前も書いた気がする。

まあ
練習不足ということでしょう。

長の方に授業料をお支払いしました。

 

ゴルフもがんばります

無駄に運を使ってしまいました。

 

腹筋トレ(腹直筋)

3月の東京マラソン以来、体重を73kgに維持出来ています。

正確には

70kgにまで落としたいのですが、72kgまでは落ちますが色々あって73kgに停滞しております。

とはいえスタートが78〜80kg程だったので、

「ダイエットからのリバウンドナシ」

言い方もできるかもしれません。

2016年はとにかく走って体重落ちてというだけでしたが、今回は筋トレも並行してやっていたおかげで、筋肉を落とすことなく、体型も維持できました。腹筋も前回より見えていると思います。

腹筋のトレーニング方法をこの1年ほど変えてみました。それは定説である「腹筋は回復が早いから毎日できる。ハイレップスでやる」

という考え方から「腹筋といえども筋肉は筋肉、高負荷でガッツリやって、きちんと休む」という方向にしてみました。

結果、高負荷をかけられる種目になりました。

腹筋ローラー立ち(立ちコロ)、ドラゴンフラッグ、ハンギングヒップレイズ、

この辺が中心になりました。

最近は腹斜筋のトレを色々取り入れています。ランニングも含め、競技の補強としてのトレーニングをする場合は腹斜筋こそ必要とトレーナーに言われました。逆にコンテスト目的の場合、腹斜筋やって寸胴になるより、やらないで肩幅を強調させるテクニックもあるそうです。

こちらはツイストクランチなど、当たり前の事をやっていましたが、サイドベンドとかもやってみると意外と調べると奥が深い。この辺について今後は色々調べてみたいと思います。

 

アップルウォッチ シリーズ4 VS ガーミン235J

3月にアップルウォッチを購入して2ヶ月経過して、改めて感想を書いてみます。

 

1週間経過時の感想↑

今、読み返したのですが、基本的なことは変わっておりません。同じことの繰り返しを書きますが、それも2ヶ月という月日が経過して改めてのことなのでご理解をお願いします。

 

現状の使い方は、一般的な日常生活ではアップルウォッチを使用。
ランニング、犬の散歩など有酸素運動の記録ではガーミン235Jを使用という2本併用状態です。

 

この状況こそ、アップルウォッチの実情です。

電車に乗る際、コンビニで簡単な買い物をする際に決済出来るのは本当に便利です。手放せないツールとなっています。しかし、ランニングの記録には一抹の不安あれこれなる不満があります。

 

アップルウォッチのダメポイント

1:記録の同期がうまくいかない事

今までの記録はガーミンに囲い込みされているため、ガーミンを中心に全て記録されるように構築されていました。

ガーミン
→ランキーパー
→ナイキランニング
→STRAVA

これが、アップルウォッチで運動をすると、スタンドアロンでデータはそこで終着。

STRAVAやランキーパー、ナイキランニングのアプリを立ち上げて運動するとそのアプリでは記録されますが(当然)、そこからの横展開というか横の連携は一切ないのです。

本当は私の使い方や理解が悪いだけで、やり方があるのかもしれません。でしたら小学生でもわかるぐらいの説明がないというのが事実かもしれません。

とりあえず、アップルウォッチを着用中に運動をした場合はSTRAVAで記録をして、他アプリには運動時間と距離を手動で入力というアナログな事をしています。
そもそも、そこまでして各アプリに記録を残して維持させる意味がどこにあるのか?
まあ、この辺まで来ると完全に私自身の性分でしかないわけです。

 

2:充電の回数の面倒くささ

コレもネット各所で書かれていますが、本当に弱い。スマホ並みに毎日の充電を求めてきます。ガーミンも電池が若干弱くなっているのですが、上記利用方法では3回に1回程度で間に合います。

 

3:ウォッチフェイスのバリエーションのなさ

そうそうコロコロ変えたがる性分ではないのですが、スマートウォッチというとスマホが腕についているようなイメージがあり、あれこれ出来ると思ったのですが、さほど自由度はありません。

 

4:アプリもそう出回っていない。

これもイメージと違い意外でした。そもそもさほど出来ることなんかないのです。出来てもやりたくない。腕で表計算なんかしたくもないですからね。
あと、ポケモンGOのアプリは使っていません。スマホで遊ぶのは好きですが、アップルウォッチを使ってまで遊びたいとは思えないのです。腕で表計算をやりたくない感覚とほぼ同じです。

 

5:アプリが使いにくい

睡眠分析は純正にはなく、アプリをいれたのですが、やはり有料。無料ユーザーには冴えないデータであまり使えない。前までのデータも見れない。
スケジューラーもいまいちダメ。カレンダーはグーグルカレンダーを介して共有されているのですが、アップルウォッチで他の人のスケジュールまで出ちゃう。
この辺も本当は正解があるのかもしれませんが、小学生知能の私には出来ません。

 

では昔の彼女のいい思い出の様に出てくるガーミン235Jも全てよかったのか?というとそうでもない。

ガーミンの不満を書くと

 

1:東京マラソンの時、心拍数データが中途半端にエラー

そもそものガーミン不審の始まりはここからです。

後半ガクっと心拍数が落ちて、以降レベルが低い処で推移しています。意味が分かりません。センサーがずれてエラーのまま中途半端に計測したのでしょうか?

2:スイミングで使えない。

そもそも235Jはランニングなどに絞ったエントリーモデルだからしょうがないんですけどね。

3:色が日常利用では奇抜すぎ。

まあ、ダサいって事。こちらもおしゃれ側人間ではないのですが、最低でもスーツ着用時に浮かない色であってほしいものです。ちなみに黒ベルトはちぎれて破棄。

 

ガーミンは235の後継機種として245というのが出たそうですね。

かなり気になります。

上位機種ならどうだ!?
ガーミンペイっていうのでペイ出来ることになっているようですが、スイカでないと電車乗れませんからね。色とスイムだけのために5万以上は出せない。そもそもスイムなんて2週間以上やってない。

とりあえず

日常使いはアップルウォッチ、運動はガーミンというスタイルでやってみます。で 、夏の熱くなってランニング中に自販機で買い物をする事になりそうな場合はやっぱりアップルウォッチかな?

 次の購入は

235Jの電池消耗が若干感じられます。ランニングを続ける上で、更新がいずれ必要になると思います。
アップルウォッチはこのまま使い続け、2年で保証使って電池交換でどこまで使えるか?アップルウォッチにガーミンアプリが入るはずがないので、同期しきれない問題は平行線→ガーミンとの併用が続くでしょう。

コレ良いと思います。しかし中途半端に安いのが気になります。多分使い込んでいくと、足りない部分を感じるのかもしれません。

あれこれ面倒くさいのでとりあえず最高機種を買ってしまう。という買い物方法もこの際ありかもしれません。

 

 

週末の運動

金曜日


公園でドラゴンフラッグ中心にトレ


GG代々木上原でトレ。最近自宅自重やチューブが多かったのですが、やっぱり設備を使わないとせっかくの会費(お金)が勿体無いですからね。

土曜日

ビブラム5フィンガーをつかって砧公園を走ってみました。
ベアフット系シューズは舗装路を走ったほうが、足裏前面着地に矯正させる効果もあるとおもいますので、未舗装路は普通にランシューズにしたほうが良さそうですね・・・・

日曜日


家族で長めの犬散歩

 

色々やりましたが

まあ

充実した週末を過ごせたと思います

シューズ洗濯機を使ってみました

自宅そばにコインランドリーができた。
興味本位に入店してみると「シューズ洗濯機」を発見。

一回200円(2足)しかも洗剤込みなら手間もかからないので試してみることにしました。

選んだシューズは
ミズノ/マキシマイザーとコンバース

両方共に汚れが目立つそして安いシューズ・・・・・・

 

機械にぶっこんだ様子。このセンターのブラシで一定時間洗剤入れてかき回されると
きれいになるってわけね。

こちらが20分後の写真。妙に色が鮮やかですが、多分これは濡れているからだと思います。

こちらが洗濯機上にあった乾燥機。こちらは20分100円

 

乾燥後。

それなりにきれいになりました。柄のついた亀の子たわしやらでゴシゴシやるに比べ手間もかからず、そこそこきれいになったと思います。中敷きを入れたまま洗うかどうするか迷いましたが、結局入れたまま洗いました。高級な中敷きの場合は抜いてそれだけ別に手洗いす方がいいかもしれません。

 

使用後、改めて機械の中を覗くと、短いブラシが別に付いていました。

このブラシはもうちょっと長くてもいいのではないのかな?と思いました。

なぜなら

f:id:shi4109216:20190510094010p:plain

ちょっとアッパー部分は汚れが落ちきれていない様に感じたからです。

まあ、メーカーの技術者たちが開発した結果がコレなんでしょうから、ブラシだけの問題でもないのかもしれません。こちらは200円払っただけの客ですからね。

 

基本的にとても満足しております。
シューズは結構汗も吸っているし汚れやすい部分の割にはあまり洗わなかったので、今後はこまめに洗ってみることにします。
あと、ゴルフシューズもやってみるか?防水面で心配もあるので今回のように安いヤツで試しにやってみることします。



ワラーチで未舗装路を走ってみた。

ワラーチでようやく本格的に走ることが出来ました。

約10kmそしてその1/4ほどを未舗装路で走ってみました。

って実は玉川上水を中心としたコース。

4410.hatenablog.com

サロモンSENSEPRO3をデビューさせたコースです。

対象的な2足を同じコースで比較検証しようと考えたからです。

とはいえ、もう簡単に結論を書きたい。

→二度とワラーチで玉川上水を走らない!

いや未舗装路をワラーチはおれには無理。

砂利舗装部分を走ると、砕石の角が底にあたった時が痛すぎるのです

砂利のなかでも「砕石」というのは人工的に重機で砕いて作った石。
参考

砕いて作られた石なので角が尖っている。この角が容赦なしに

[山田 ビブラムシート] 8338 黒 2枚入

[山田 ビブラムシート] 8338 黒 2枚入

 

このシートを突き刺し、全体重がのしかかるわけです。

公園の芝生を走ったり、南米の山奥には砕石はないんだと思います(想像)

ちなみに天然の砂利は

黒玉石 8分(25-30mm) 10?(5.5L)

黒玉石 8分(25-30mm) 10?(5.5L)

 

 玉石・・・・・・川の流れで角が取れている石。いや、コレでも痛いことは痛いけど致命的な話ではない。

まあどうでもいい。とにかくおれは玉川上水を走る時はランニングシューズかトレイルランニングシューズで普通に走ります! 

しかし舗装路においてはワラーチは普通に良かったと思います。
なにが普通かというのは、私の経験では「ビブラム5フィンガーシューズ」と比べての話。正直アレがあるなら別にこれ作る必要なかったのかもしれない。

今回は5本指ソックスを履いていたので、裸足での使用の場合、また違った開放感などもあるのかもしれません。その時はやっぱり舗装路走りますけどね。

走り方とか着地とか難しい話は分かりませんが、5フィンガーで初めて走ったときの膝への衝撃の衝撃(なんか複雑だな)といった驚きのインパクトなどは感じませんでした。

まあお値段が雲泥の差なので、今後は5フィンガーを買い換えることなくこのサンダルで十分なのかもしれません。

例えば出張の時、スーツケースにコレを忍ばせるのはじゃまにならないから良いかもしれませんね。

 

 

ナイトラン対策はやっぱりヘッドライト

自動車の入れ替えをした時、エギとヘッドライトが出てきました。
イカ釣りにいきたいと思って買い揃えたものの、結局一回も行かなかった道具類・・・

せっかくなのでこのヘッドライトをランニング様に使ってみました。

コレがすこぶる快適。LED様様です。

すげー明るい。

この感動を写真に撮ると

すいません。いまいちわかりにくいのですが、

以前購入したライトとは雲泥の差です。

この時買ったクリップ式

パナソニック LEDクリップライト ブラック BF-AF20P-K

パナソニック LEDクリップライト ブラック BF-AF20P-K

 

サイズが違いますから当然といえば当然ですけどね。確かに↑の方が軽いですが、明るさの差は安全の差というわけです。

 

 アマゾンで探したらありました。

夜間ランニングの安全におすすめです