凡庸記録3

サブ4(マラソン)とシングルハンデ(ゴルフ)と150㎏(ベンチプレス)を目指す43歳の記録

ダフリ対策

アイアンで肝心な時にダフる。

この悩みを解消するためにレッスンを受けました。

f:id:shi4109216:20180623165127p:plain

↑レッスン前

f:id:shi4109216:20180623165359p:plain

↑レッスン後

本人でないとわからない微妙な部分ですね。

レッスン後も、まだ完全には修正出来ていません。

チェックポイントはトップの位置が高すぎる。上からすぎる、上からの意識が強すぎるから力むとドンとダフル。

 

対策)左手は地面と並行を意識。実際には反動で上がる

 

実は去年も一昨年も、ここ数年

調子悪い→レッスンを受ける→振りかぶりすぎを指摘される

これの繰り返しです。

進歩ないですね・・・・

レッスン後、ドライバーを握ったら、なんか駄目なんですよ。飛んでいる気がしない。

まああまりあれこれ深追いするとキリがないので、退散しました。

ワセリン最強

東京マラソンの時、「乳首保護の為にワセリンがいいらしい」

と断片的な情報で購入しました。

結果、使わずじまいでした。

久しぶりに自宅で発掘して捨てようと思ったのですが、調べてみると意外とこいつが素晴らしい。

リンクを貼ろうと思ったのですが、面倒なので省略。

結論から書くと、無香料ヘアワックスや保湿ジェルとして使って問題ないようです。

↑100gで354円安いコレは最強です。

北海道マラソン出場棄権

仕事の関係で北海道マラソンに出られなくなりました。

残念ですがしょうがない。

せっかく走り始めたので、この生活リズムを維持しながら次のモチベーションにつなげ、最終的には東京マラソンまで引っ張りたいと思います。

始動できただけでも良かったとしておきます。

 

タイトリストVSピンのおれ対決

i200をフィッティングして「おれカスタム」で買って、意気揚々としているわけです。

・標準より1度アップライト(体型から2度アップライト)

・DGS200

・長さは標準

・グリップは太め

ふと思ったんですが、このベンチマークになっている
「標準」ってどんな数値なのか

そして今まで使っていたタイトリストの初代AP2はどんなだったのか?

って訳で調べてみました。

PINGの標準(吊るし)

f:id:shi4109216:20180610204022p:plainPING公式HPより)

ライ角は62度

 

AP2の標準

f:id:shi4109216:20180610204106p:plain(タイトリスト公式HPより)

ライ角は63度

標準っていうのはメーカーの独自で標準数値を出しているので共通ではないのですね。
つまり、私の体型×私のスイングをフィッティングして導き出された数値はタイトリストの「標準」だったわけです。

 

173cmの凡庸体型ゆえの偶然であり結果です。

そのへんもきちんとフィッティングしないとわからなかった訳です。そしてわかった上でミスが発生するのと、「多分凡庸体型だから合っているだろう」程度のぼんやり認識の上でのミスでは本人の納得も違います。

そういう意味でもやっぱりフィッティングはおすすめですね。

M2(2017)/グラファイトデザイン/ツアーAD/MT6S

 

振動係数:243
重量:312.4g
バランス:D1.5

トレ近況

8月の北海道マラソンに向け、着実に「マラソンモード」入っています。

どんな短い大会、草大会でもやはり「エントリー」をするとそっちに気持ちが向きますね。

いや北海道マラソンは大きな大会です。私がエントリーしたのが12kmの草部門だと言う話。それでも調整準備は必要なのです。

〜5月までのうちに、ダイエットして体重をある程度おとし、6〜8月でスピードトレーニングをする計画でした。

しかし、思ったほど体重が落ちませんでした。加齢にたいする認識不足なのか、たんにトレーニング不足なのか?

とかなんとか考えても、6月に入ってしまったことはどうにもならないので、体が重いなりにスピードトレーニングをはじめました。

 

おれスピードトレ1

ビルドアップとして12kmや8km走った時、後半2kmは5分/km近いスピードを目指してギアを入れる。

 

おれスピードトレ2

近所の坂を中心にアップダウンのコースを何周かする(計6km程)。

 

 

この2つを適度に入れて、週末はLSDで20kmダラダラ走る。

 

8月の本番までこのメニューです。
体重は73kg程度を目標にしています。ちなみに現在77kgです。80kgからスタートしているので3kg落ちています。

 

従来のウエイトトレーニングは頻度は落ちているものの、内容は特別マラソン用といったものにはしていません

ベンチ、インクライン、ディップス、ショルタープレス、サイドレイズ、リアレイズ
アームカール、アームエクステ、
懸垂、デットリフト
スクワット、ランジ
腹筋

この辺のどれかをやるわけですが、ジムに行ける頻度が落ちているので、一回行けたときは分割をできるだけしないで種目を多くやることを意識しています。

 

ドライバー購入2

PT7X
正直いうと、本音やっぱりちょっとキツイ
MT7Xは全然平気だったのですが、しなりの違いだけでこうも感じ方が違うのか?と思いました。

素振りは本当に振りやすいフィーリングなのですが、かったるさを感じます。

本当はエフォートでMT6Sの刺さったSLDRを買うつもりだったわけですから、やぱりMTが気になるわけです。

実は元々中古シャフトでMT6Sが売られている→SLDRのヘッド付きでも値段がほぼ同じ。
→ならばヘッド付きで買ったほうがグリップも付いていていいじゃん!(中古シャフトは必ずグリップが外されている)

って思って店に行った経緯があったのです。

 

スクリーンショットでは切れいるのですが、気になる点として43.5インチと表記されていました。

どうする俺

このままPT7Xでかったるさと付き合うか?それともこいつを購入するか?

冷静になるため、この数日使ったお金を考えてみました。

キャロウェイエピックを買って即返納で1割負担→3,600円

M2+PT7X→28,000円

試しに打った練習場代→1,300円、1,050円

バタバタした割にはたいしたことないじゃん!

って訳で
13,000円で溜まっていたポイントを使って10,000円で上記MT6S中古シャフトを購入しました。

合計約40,000円の長旅となったわけです。

 

今まで使っていたMT7Xに比べると6Sですからアンダースペックのハズですが、良くも悪くもそれほど違和感や楽さも感じません。手元にキックポイントがあるのシャフトっていうのはそんなものなのか?

ちなみに店ではシミュレーションとしてバランスはD0になると言われました。試しに店にあった純正シャフトと比べてみるとたしかに約1インチほど短い。

「ここから先は自己責任ですよ」と店員も言わんばかり、確かにそうです。そうなんです。過去にはクレームもあったんだと思います。

 

自宅に持ち帰り、マッハの如く余っていたグリップを付け、3時間乾かした後、終了間近の練習場に向かいました。

 

練習場の計測器ではD1.5でした。このシャフトもSLDRに刺さっていたシャフトだと思います。SLDRはヘッドが重たかったから、短い設定だったのか?そんなどうでもいい憶測。

結果的
1:ちょい短め設定(下手くそな私にはいいことです)の43.5インチ
2:そこそこのバランスD1.5
3:使い馴染んだMTのフィーリングでありながら、ちょっとやさしめ!
4:もちろんヘッドは去年まで最新

→おれ仕様としては最高

もし1
M2中古で買って、MT新品リシャフトすれば68,000円
もし2
M4新品で買って、MT新品リシャフトすれば10万円

もし3
M2純正シャフトで一番安い中古買って、MT中古でリシャフトすれば
(ゴルフパートナーのHPで見たのですが、2018.6現在、M2が28,000円で買えたというのは底値だったようです。つまりPT7Xって純正シャフトと同じ評価だった)

f:id:shi4109216:20180608085801p:plain

→今回と同じ

 

とりあえず「良し」とします。

 

これでようやく、

課題その2のアイアンダフリ対策に着手することができます。