凡庸記録

47歳のフィジカル管理とゴルフの記録

俺ゴルフセット

メイン

1W :キャロウェイ/マーベリック/エボリューションⅡ6S

5w:テーラーメイド/Vスチール

3UT、4UT:タイトリスト/909/NS950S

5〜PW:タイトリスト/AP2912/NS950S
52、58:アーティザン

PT:ヤマダパター/エンペラーⅡ

 

サブ

1W :タイトリスト/912/ランバックスX6S 

5w:タイトライズ/PT7S

3UT、4UT:ミズノ/CLKフライハイ/NS950S

5〜PW:タイトリスト/AP2912/NS950S
52、58:クリーブランド

PT:スコティ−キャメロン/スタジオスタイル

 

アレコレ紆余曲折の結果、アイアンは同じものにすることにしました。
偶につかなら、結局の所シャフトも含め全く同じならどうよ!って訳です。
メインもサブもメルカリで購入。金額はメインが29,000円サブが26,000円。

メインが若干高いですが

メインにはこのお高いグリップ「カデロ」が刺さっているのでむしろお得。

はじめのうちは半信半疑でしたが、太めの効果で力まないような気がします。

当然の話しですが、サブを使ったときも違和感ありませんでした。同じ製品の吊るしですから当然ですね。

ドライバーは以前柔道の監督に無期限お貸ししていたドライバーです。M4を渡す時、戻してもらいました。このときPT6Xだったのでシャフトをランバックス6X07 Sを購入。5,000円メルカリで購入。

サブのUTもメルカリで購入。各3,500円で同じアカウントから売られていたので、まとめて2本で6,000円にしてもらいました。

メルカリを活用して安くセットを組めたと思います。

自分のセットを眺めてしみじみと思うのが、キャビティーとUTのセットというこだわりナシおじさんセットということです。自分の実力、実情に合っているのかもしれません。

 

今更ながらのセルフ加圧トレーニングを再稼働

 

いままで使っていた加圧ベルト

多分9年ほど前原宿ゴールドジムのショップで「カーツ」という加圧トレーニングが自分でできる公式のセットなるものを購入しました。

商品のサイトがまだ残っていました。のでスクショとリンクを貼っておきます。

kaats.biz

f:id:shi4109216:20220311091932p:plain

タイツに専用の留めるフックとベルト通しが付いているので、場所(箇所)も間違えないスグレモノ。って事のようです。

実際に使ってみた感想としてはこのタイツの洗濯など管理が面倒になったり、切れたりするのでこの方式はどうかと思います。

加圧トレーニングの状況は?

「加圧トレーニング」自体、特許が切れたり

techvisor.jp

 

消費者庁からクレーム常連として名高い「加圧シャツ」の出現など、

受難の日々が続いている様に思えます。

www.nikkei.com

かつて程、芸能人が加圧トレーニングをやっているって話を聞かなくなりましたね。

 

 

私の加圧トレの見解

個人的には、加圧トレーニングは一通りの高負荷トレーニングの後、パンプアップとして最後の1〜2セット取り入れ、体をデカくするトレーニングテクニックとしては理にかなっていると思います。又慣れ防止に刺激を加えるテクニックとしても、アリだと思います。

最近の私の加圧トレ事情

最近ではジムに行かなくなったこともあり、使っていませんでした。しかし久しぶりに出して、最近の低負荷ハイレップス主体のトレーニングで使ってみると、やはり久しぶりの効果もあり、いい刺激を感じました。

せっかく持っているのだから、もう少し稼働させるべきと思い、ちょいちょい使っています。

しかし、流石に経年劣化しており

タイツとベルトを留める部分がボロボロととれてきました。

f:id:shi4109216:20220311092930p:plain

樹脂やゴムなどの合成材質の耐久性の限界ですね。

<今回購入した加圧ベルト>

特許も切れているから、パチモノでいいのかと思いながら楽天で探してみると

初級用?として、ベルトだけでの販売がありました。しかもタイツ一体のアレに比べかなり安い。しかも公式の様です。この辺も特許切れの影響なのでしょうか?

安い正規品ともっと安いパチモノという選択肢なので「安い方」にしてみました。

なるほどしっかりとしたベルトです。ホームセンターでもこのくらいのマジックテープでしたら、高級モノです。脱着がしやすいように先端部分が処理されていたりと細部にもほどこしがされているので、文句はありません。

f:id:shi4109216:20220311150229j:plain

↑こちらが購入した初心者向ベルト。なにが初心者向なのかよく分かりません。
ただ、キツく締めるとき若干ベルトからミシって音がしました。耐久性が若干心配です。

「カーツ」に比べると、絞められた感が若干ぼやけている様な気もします。その辺が初心者なのでしょうか?ちなみに締める度合いについては「カーツ」で購入時に店員に指導されたときの絞められた感を思い出してやっています。つまりは「カン」ですね。

 

 

又、腕用のベルトに関しては、カーツの

f:id:shi4109216:20220314090448p:plainこのベルトを使うことにしました。

カーツではタイツ生地のシャツの腕に生えるベルト通しにパチンと付けます。
その ベルト通しの代わりに

アマゾンで「通し」を買って、コレで端と端を繋ぐことにしました。

足用も同原理で済むのかもしれませんが、足用はサイズが大きいので探すのを諦めました。

f:id:shi4109216:20220314102132j:plain

自宅リビングでやっているだけなので他人の目もなにもないのですが、ジムではちょっと恥ずかしいような気もします

<おれ加圧法>

上記の「カーツ」など公式サイトからの使用方法に加え、私の状況に合わせて考えた使い方は

1)ランニング、ウォーキングなど巻いて有酸素トレーニング30〜40分

公式サイトでは30分を限界としていますが、犬散歩中にズボンに手を入れてもぞもぞするのも恥ずかしいので、そのままやりきっちゃいます。
ランニングの時は、30分で緩めて10分ジョグして、また締めて走ります。1時間以上のランニングではやったことはありません。

 

2)巻いてスクワットやカールなどのトレーニン
(足の日)

自重スクワット50、ジャンプスクワット30×3
チューブスクワット22kg×50×3
ブルガリアンスクワット10、20×3
四股30×2

(腕の日)

チューブアームカール22kg20×4
チューブフレンチプレス22kg20×3

 

 

<効果について>

痩せた、筋肉ついた、代謝が増えた

なんていう実質的なソレは正直分かりません。ただ確実に「疲れる」事は確かです。

筋肉痛も出ます。いつもとは違った負荷に対する反応だと思います。

ジムを辞めてから、自宅で自重ハイレップス主体のトレーニングに切り替えて若干慣れが出てきたので、いい刺激になっています。

 

セット販売もあるようです。

 

尾根緑道と小山裏公園クロスカントリーランニング

仕事で多摩境に行く機会が定期的にあるため、その存在は知っていましたがやっと実際に走ることが出来ました。

1:着替え

morinoirodori.com

こちらの日帰り温泉施設で着替えました。この温泉施設にはランニングステーションとしての利用専用ロッカー(無料)も用意されています。

入館して着替えて荷物をロッカーに預け、いざ出発。

2:スタート地点

f:id:shi4109216:20220221155924j:plain
丁寧にフロントからコースの地図を頂きました。こちらとしては、「尾根緑道」の大体の場所は分かっていたのですが、どこから入るのかがいまいち分かっていないので助かりました。

温泉施設から「多摩境通り」に出て、ミニストップ前の交差点から山側に向かうとコースに入ることが出来ました。

f:id:shi4109216:20220221160709j:plain

(ちょっとわかりにくいですが右側にミニストップのある交差点を左に入ります。)

f:id:shi4109216:20220221160828j:plain

ここが尾根緑道入り口周辺です。
地図

「↑公衆トイレ」が写真の箇所です。ここを「尾根緑道」沿いに走ります。

3:通路舗装状況について

f:id:shi4109216:20220221161408j:plain
写真右奥の用にアスファルト舗装された部分と、右側に未舗装の「やや砂利」道になっています。ほんとうの意味で「クロスカントリー」というのはいささか気取りすぎている感もありますが、あとは脳内変換です。歴史上ここは戦車開発のテストコースだったということのなので、クロスカントリーには間違いないのです。

この「尾根緑道」を進んでいき、「小山裏公園」に入ると様子が変わります。

f:id:shi4109216:20220221162117j:plain

きちんと通路に木をチップ状にした足腰に負担の少ない通路になっています。

予算のかけ方が違いすぎる。

↑青点線部分が「尾根緑道」です。

4:今回走ったコース

f:id:shi4109216:20220221181704j:plain

次回は小山裏公園をもっと大回りしたいと思っています。

f:id:shi4109216:20220221163600j:plain

途中、バードサンクチュアリなど、意識高い管理、整備がされているところはいかにも都立公園らしい作りになっています。

代々木公園や砧公園の様にこの「バードサンクチュアリ」があると確かにより自然に近い形で緑地が保護されているのは確かです。

5:感想

意識高いネイチャーマインドより単なる右より中年おじさんとしては、三菱重工の戦車の開発に気持ちを飛ばし、アップダウンをキャタピラのように駆け巡る姿を自分に重ねて走りました。

 

途中途中尾根の隙間から見える景色は癒やされます。

f:id:shi4109216:20220221162917j:plain

多分、夜は照明器具が少なかったのでかなり暗いと思います。日のあるうちに走ることをおすすめします。

雨天に関しては、意外と?木が生い茂っているので普通の道路に比べ雨が当たらないのかもしれません。

シューズは専用のシューズもいいですが、普通のシューズで十分対応出来ると思います。

6:〆はやっぱり温泉

f:id:shi4109216:20220221155939j:plain

今回7km程度の短いランニングでしたが、やっぱり未舗装と軽いアップダウンがあると疲労は違います。熱い湯に癒やされました。

実は最近になって気づいたのですが、私はそれほど温泉が好きではない。

火照りが延々と続くと無駄に汗かくし、普段から血行が悪いわけではないので余計なのです。銭湯でさっぱりする程度が丁度いい事に気がついたのです。そういう意味ではここの湯もいにしえの温泉ほどポカポカしすぎなくて良かったという感想です。

次回はもう少し時間の余裕を作って長距離と長湯で楽しみたいと思っています。

ベガスゴルフカジノチップで遊んだ話

久しぶりに会う旧友とゴルフをした時、

ベガスゴルフカジノチップ

で遊びました。ゴルフの新しい「遊び」として面白かったので、ゴルフプレー中にアマゾンで即購入しました。

 

Vegas Golf 12(pcs) Edition

Vegas Golf 12(pcs) Edition

  • Vegas Golf The Game
Amazon

ざっくりルール説明

このチップをカートに置いておき、チップに書いてある「案件」が発生したときプレーヤーは配布され、ホールアウト時に精算します。私はハーフ毎にやっています。

ポジティブチップ(+1)

「ワンパット」(最も長い人優先)
「チップイン」(グリーン外からイン)
「バーディー」
「砂イチ」(バンカー出してワンパット)
「ニヤピン」(PAR3で一番近くに乗せた人)

ネガティブチップ(−1)

「木」(木に当てた音が聞こえた人)
「水」(池)
「砂」(バンカー)
「OB」
「ロスト」
「7打」
「8打」
「3パット」

精算

9Hもしくは18Hホールアウト時に上記チップの枚数で相殺で計算。

A:+2、B:ー2、C:ナシ、D:ー1

の場合は

A9、B−7、C1、D−3と計算上なります。アプリの「オリンピッカー」などで計算して下さい。

f:id:shi4109216:20220210140011p:plain

オリンピッカー

Onlypicker

Onlypicker

  • Riverone
  • スポーツ
  • 無料

apps.apple.com

明細についてはこの辺で止めておきます。

 

プレー中は

先ずは、ティーショットで林に入った時、木に当たった音がするかみんな真剣に聞きます。ちなみに当たってOBならOBのチップになります。

PAR5ではダボで「7打」になります。ティーショットでOB出すと、「OB」そして「7打」とダブルパンチになります。
意外に「池」や「砂」は発生しませんでした。みなさんチャレンジしなくなるんでしょう。同様に「3パット」もあまり動きがありませんでした。プレースタイルすら影響され一生懸命プレーした記憶です。

7打が2名発生した場合は後にあがった方優先としました。

ニヤピンはPAR3だけでしか動かないので最後のPAR3だけが大事です。

下手くそ同士でもネガティブチップがぐるぐる流通して、傷口が少ない方が勝つ訳で、アベレージレベル以下でも十分楽しめると思います。

注意点

この遊びに限った話ではありませんが、ゴルフ始めたての方や実力差がありすぎるとリンチもしくは大勝ちになります。紳士のスポーツですからその辺は適当に処理するべきでしょうね。

f:id:shi4109216:20220202101852j:plain

上の段の「ワイルドカード」「ビール」の使い方はいまいち分かりません。
私は次回、最終パット打った人は「ビール」を振る舞うっていう使い方をするつもりです。

「オリンピック」でパターを一生懸命やるのもなんかかったるいんですよ。あれってアプローチでいかに寄せて寄せワンで上がる練習している私からするとなんか否定されている感もします。

しかし、いろんな遊びを考える人っているんですね。

まだしばらく競技ゴルフは出れないので、私とゴルフ同伴する方はこのゲーム強制参加となると思います。

おすすめです。

 

 

40代後半男性のフィットネストレーニングメニュー

40代後半男性が鍛える目的

 

Twitterのタイムラインで

「トレーニングの目的」「鍛えて何目指しているの」

問題をちょいちょい目にします。

「体を強くしたい」ではダメなんですかね?

ランニングにしてもゴルフにしても、フィジカルの強さは必要です。
健康面においても加齢によって自然と弱体化するわけで、鍛える理由はいくらでもあると思います。

47歳のわたしの現在のトレーニングメニュー

1)スクワット

・20kgケトルベルでコブレットスクワット
20回×3set
若しくは
・チューブスクワット 両端を足の裏で踏み抑え、首で担ぎます
20回×3set
ブルガリアンスクワット
20回×3set
・ランジジャンプ
50回×2set
・サスペンションジャンプスクワット
20回×3set

2)上半身チューブトレーニン

・ショルダー・プレス
15回×3set
・サイドレイズ
20回×3set
・リアフェイスプル
20回×3set
・アームカール
15回×3set
・フレンチプレス
20回×3set

3)腕立て伏せ

・リバースグリップ
20回×3set
・ワイドグリップでチューブ負荷
10回×3set
・ナロー膝つき
15回×3set

4)懸垂

・ワイドグリップ
10回(目標)×3set
・ナローグリップ
10回×3set
若しくは
・斜め懸垂
20回×3set

5)腹筋A

・立ちコロ
10回×3set

6)腹筋B

・スーパーセット(クランチ20回、サイドベンドレイズ左右各40回、レッグレイズ30回)×3set

7)ランニング

・週1回10km5分30秒ペース、
ランニング前にタバタトレーニングでケトルベル20kgでスイングを1セット

備考

1)〜4)と5)か6)の組み合わせにして、1)と5)は負荷が大きいので週1回にしています。

基本的には自重とゴムチューブを多用したハイレップス系のメニューなので筋肥大には向いていないですが怪我のリスクも少なく、さほどの器具も必要としないので自宅で出来ます。

ハイレップス系は正直言ってMAXの更新とかないですし、時間もかかるので実は初心者には向いていないのかもしれません。多分若い頃の自分が見たら、バカにするかもしれませんね。

効果

ゴルフ

カートの山岳コースでも18H歩きでプレーできます。ヘッドスピードは加齢による減少との相殺ということなのか、さほどの変化はありません。もう少し意識したスピードトレーニングもあればいいのかもしれませんが、ドラコンをやっているわけでもないので、そこまでは考えていません。

ランニング

週一回のランニングで5分30秒ペースではしれます。見ての通り特別練習をしているわけではないので、筋力で走りきっているという事でしょう。

道具

ケトルベル20kg

私は↑コレを使っていますが、

可変式の方がいいのかもしれません。

チューブセット

安いセットのチューブは伸びがヘンですが、この値段なので我慢。

バランスボール

経の小さい方がクランチをするとき反れるのでおすすめです。

ヨガマット

持ち歩かないのなら肉厚な方をおすすめします。

ヨガブロック

クランチやレッグレイズなど腰や尻に敷くことで可動域を広げることができます。
100円ショップでも買えますので、マットやボール買う前にこちらをおすすめします。

ちなみに

可変式ダンベル、ベンチは私は持っていません。あればいいと思います。いずれ買いたいとは思いますが、上記メニューはなくても出来るということでもあります。

自重とチューブトレーニングで同等のトレーニングが出来る

と言い切れない現実は分かっています。

アーティザンのウエッジを購入した話。

出会い

総武カントリークラブ総武コースにて

昨年末(2021年)の最後のラウンドは、ゴルフを始めたときからおせわになっているS氏とラウンドでした。場所は総武CC総武コース。ツアーで何度も使われているチャンピオンコースです。っていうほどじゃねーじゃん。なんてスコア悪かったからぶーたれてた訳です。

そんな集中力散漫ななか、目を引いたのがこのとき同伴していたS氏のウエッジです。

アーティザンのウエッジを使っていました。

ネットやらでは何度か見かけていましたが、なるほど実物を目の当たりにするとかっこいい。

もうすっかり魅了されてしまうわけです。

米国地クラブって弱いです。以前もクラッチゴルフが出たとき、飛びついた口です。米国在住していた後輩に一時帰国に合わせてヘッドだけ購入して来てもらい、近所で組んでまでして使っていました。けど結局全然流行りませんでしたねえ。やっぱりある程度プロが使って実績上げないと話のネタにならず埋没してしまうのでしょうか!?

クラッチの思い出より、目の前のアーティザン!

今はもう、このラウンド以来すっかり夢中になってしまいました。

調べて見ました。

ARTISAN

金額は

スチールシャフト組んで3.5万程度するみたいですね。

伝説は

1:創始者のマイク・テーラーは研磨歴30年以上の大ベテラン

2:ナイキ時代からタイガー・ウッズのアイアン削っていた(三浦じゃあなかったんだ)
3:2017年ナイキがゴルフから撤退→テストセンター兼工房をそのまま引き継ぎを設立
4:パトリック・リードが2018年マスターズで使って優勝

5:ココからは私の憶測ですが、デザインを元に日本の兵庫のどこかで作っているんだと思います。ネット検索するとあたかも鉄と油まみれのいい感じのオッサン連中が出てきますが、彼らが我々パンピー用の吊るしの量産をするわけないんです。

まあそんなことはどうでもいい。

って訳で

買っちゃったわけです。

エフォートで新品を販売しているのでネットで「見るだけ」していたら、中古52,58ソール「S」が@2万ちょっとで売られていました。

f:id:shi4109216:20220104201722j:plain

って訳で買っちゃったんですよ。

 

こうやって写すと、たしかにちょっと端がくたびれている感はゼロではありません
が、ウエッジですからまあ許容範囲です。

f:id:shi4109216:20220104214607p:plain

ゴルフパートナーを見ると2万円前半で売られていないので、それなりにいい買い物ができたと思います。

ウエッジを中古って肝心の歯がだめじゃんって思われるかもしれませんが、もともと私はスピン効かせるは好きではないので、このぐらいが逆に馴染んでいて私には丁度いいんです。

シャフトはモーダスの110でした。

f:id:shi4109216:20220110212227j:plain

今まで、ダイナミックゴールドのブヨブヨ感好きを自認しておりましたが、このシャフトのしならないドーンとした重さを使ってヘッドを落とすだけを意識して距離感調整を意識すると、すごいオートマチックにショートゲームが出来ます。

これはすごい。

ヘッドもかっこいいし気に入っているのですが、結果的にはこのシャフトが偉いのかもしれません。

まあトータル的にとてもいい買い物ができたとしておきます。

高尾山で滝行した話

山で滝に打たれる修行

ってイメージではぼんやり浮かぶのですが、実際にどんなものなのか?できるのか?

さほど考えたこともありませんでした。

イメージ↓

f:id:shi4109216:20211210205209p:plain


以前高尾山にトレイルランニングをした際に出来る事を知り、人生いつかやりたいと思っていました。

調べてみると

www.takaosan.or.jp

なるほどしっかりホームページもあります。

コロナで工場見学がどこも受け付けなくなり、イベントを計画することができなくなり、この滝行を思い出しました。滝行は屋外イベント故にか?予約受け付けていました。

企画したときはまだ夏だったんでさほど気にならなかったのですが、12月に滝に打たれるって寒いよね・・・・・・

まあ、色々理由や経緯はあったわけですが、コレも縁というわけです。

場所とアクセスその1

goo.gl

高尾山からケーブルカーに乗って、下車後はダラダラと若干の上り坂を歩いていくと高尾山薬王院大本坊に着きます。先ずはここで昼食をとりました。

f:id:shi4109216:20211208104104j:plain

愛宕の醍醐なら酒飲めますが、こんなトコでどうなんだ?なんて期待ゼロ%でしたが

f:id:shi4109216:20211208105123j:plain

マジ美味かった。

毎日昼飯コレでもいいと思うぐらいです。

場所とアクセスその2

さて、ここから先ず高尾山の山頂まで上り、六号路で下りました。

なぜ、こんな回り道をするかと言うと

f:id:shi4109216:20211213132430p:plain

薬王院から滝行をする「びわ滝」直通の道がないのです。ぐるっと高尾山をひと回りする必要がります。六号路は結構ハード目の道なので、男性の革靴や女性のヒールなどでは絶対に行かないほうがいいと思います。ひょっとしたらケーブルカーで下って、六号路へ再度登ったほうが距離的には近いのかもしれません。いや、六号路はハードでしたが、基本下り坂なので、やっぱりこの大回りコースに落ち着くのかもしれません。

滝到着

f:id:shi4109216:20211208122247j:plain

こう見ると、滝なんて大したことねーじゃん

と思ったのですが、寄るとかなりの迫力です。はっきり言って寒い

本当はたくさん写真を取ったのですが、SNS等に上げないことと言われたので、写真はここまで。実を言うと、同行者が撮影したので、その同行者に上記注意事項を言っていたので、私は聞いておらずSNSに上げていました。後日しれっと削除しました。

 

説明を聞く

滝行担当の坊さん(ワンオペらしい)に説教とやり方などの説明を受けます。

ここに来ているのは全て修行、やらない同行者も非日常で見て経験する修行、ということでした。

持ち込み道具

白の下着とタオルを持参しないといけないのですが、下着は

ふんどしにしてみました。べつに指定されているわけではありません。でもなんとなくコレだろ!って思いました。

人生初ふんどしでした。結構フリーな感覚で良かったです。日常使ってもいいかもしれません。

水温9度

この日は9度ととてもあたたかく、「丁度いい水温」と坊さんはおっしゃっていました。いやいやめちゃ寒い。冷たい。流石に5度を下回ると出来ないとおっしゃっていました。

個人的には、真夏なら冷たくて気持ちいいかもしれませんが、日常30度で、10度の水温だと差は20度。12月は13度だとすると差は4度。差が少ない方が体に負担少ないんじゃない?という屁理屈を同伴者に言ってみたのですが、だれも受け入れてもらえませんでした。

細かい儀式については割愛しますが、慣らしを兼ねたお経とバケツの水をかぶる時、ここが一番キツかった。

実際に始まっちゃうと、お経を唱える(怒鳴る)って気合入れているので後は時間が過ぎるのをアドレナリンMAXで爆発させているのであっという間の出来事でした。

お清めの塩をかぶって、それが塩水になって目に入るのが辛かった。

終わった後は

借りた白衣を脱水させ、着替えて解散→下山となります。

予定では駅前の温泉施設に入る予定でしたが、時間がなかったのでいけませんでした。

 

感想と反省と

私はゴム底の革靴、ジャケット、コートというこの後の忘年会前提の格好でした。コレが辛かった。登山靴、荷物はリュック、軍手等をお勧めします。

タオルとふんどしは○でした。

季節は12月でしたが、これも有りだと思います。無理しないでくださいね。

やはり温泉には入りたかった。時間に余裕を持った予定をすることをお勧めします。ここで飯食ってもいいと思います。精進料理は美味かったけど、六号路上っても十分だと思います。

またやるか?と聞かれると微妙です。しかし、体に負担のある事なので、興味のある方は中年を超える前までにやることはお勧めします。