凡庸記録

47歳のフィジカル管理とゴルフの記録

アップルウォッチのバッテリー交換するかしないか

愛用しているアップルウォッチの状況

シリーズ4です。2019年に東京マラソンの自分用ご褒美で購入しました。

4410.hatenablog.com

購入直後は4回もアレコレ書いてます。相当気に入っているんですね。

↑当時、ガーミンインスティンクトと悩んでいました。アップルウォッチを買って正解でした。ガーミンは2が発売されてやっとスイカ対応になっています。あの利便性の有無を考えるとアップルウォッチの方が進んでいました。

しかしそんなアップルウォッチ4ですが3年経過してバッテリーが弱くなっていることを感じています。

夜の睡眠を計測するために付けたまま寝ると、翌朝起きてからは

バッテリー不足でその日は使えません。そのため、仕事から帰宅後睡眠までの時間はリビングで充電して睡眠時間に備えるようにしています。

この作戦はちょっと面倒ですが、最新の8に買い換えるほど新たな機能も無いようなので、甘んじておりました。

しかし、ネットで調べてみるとバッテリー能力が80%を切るとバッテリー交換が出来るらしい。

早速、「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」で調べてみると

なるほど79%、交換が必要レベルとの事。

さてどうする、

選択肢

1)バッテリー交換12,800円(保証はとっくに切れていますから)
2)現行のシリーズ8に買い替え59,800円
3)現行のSEに買い替え37,800円
4)他のスマートウォッチに買い替え

貧乏性のわたしとしては迷いなく1)なわけです

ですが、アップル公式サイトで発見したのが下取りです。

下取り

アップルのHPによると私の4は下取りで4,000円
そして手元には使っていないiPhoneXSMAXがあり、こいつは31,000円との事

www.apple.com

なるほどコレもありかもしれません。

二品出してアップルウォッチSEが37,800円

公式に出して、公式で買うのなら情報などの抵抗もありません。

差額2,800円でとりあえず現行機種が手に入ることになります。

いや、待て

iPhoneXSMAXの下取りで、アップルからプリペイドカードとしてもらえるなら、それでバッテリー交換で余りは取っておいて、今後の製品購入に使えばいい。

どうやらSEは4ベースに開発され、「画面がちょいきれい」「メモリがちょい増えた」「CPUがワンラックアップ」らしい。しかしネット情報を検索すると、この4→SEをされた方ブログも多数存在している。このサイトたちのリンクは貼らないが、口を揃えて実感はないとの事。

 

 

第6回東日本ハーフマラソン大会出場のメモ

コロナでレースが中止が続き、モチベーションも落ち、ウダウダしておりましたが

コロナ明け(かどうかはわかりませんが)初のレースに参加しました。

 

第6回東日本ハーフマラソン大会

www.runningkanagawa.com

 

相模原の駅前の米軍施設「相模総合補給廠」で開催されるマラソン大会のうちの一つです。
2019年に参加した際は1時間45分ペース5分で走ったという記録がありました。
この頃は結構練習量も充実していました。ONのクラウドフローを履いて意気揚々と参加したら、小石が足の裏に挟まって面倒だったことをよく覚えています。

4410.hatenablog.com

探してみると、ちゃんとここで記事にしていました。当時は当時なりに運動不足とか抜かしています。

 

 

で今回は

 

 

 

1時間54分

とにかく辛い21kmでした。

要因1)

スタート時点で25度の気温。ゴール時は30度までいっていたと思います。

この暑さでバテました。

要因2)

長距離練習不足。今年の夏は夏バテ防止で5kmの短距離をできるだけスピード上げて走ることで濃度上げて練習してきました。確かにスピードが出るようにもなりましたが、20kmで暑さの中走るという状況は真逆です。裏目裏目に出たと言わざるを得ません。

原因3)

ズームフライ3重すぎ
そもそもバテているからそう感じたのかもしれません。でも次回はノンカーボンプレートもしくはワラーチでレースに出てみたいです。



 

対策

・5kmのタイムトライアルは月一回程度の目安に抑える。
・10km以上のランニング回数を増やし週3はやる。
・20km以上のLSDを週1回以上やる。
・タバタトレはランニング前に動的ストレッチ→タバタ×1として入れる

 

持ち物

自分の反省だけでなく、一緒に参加した先輩を見習って次回に生かしたいと思いました。自分用メモとして残しておきます。
レジャーシート→スタート前と後の休憩用
ワイヤー鍵→荷物を預けられない場合、引っ掛けておく
ニベア→万能薬?
財布→持っていかない(これは今回私はやりました。スマホと小銭があればなんとかなります。今回は米軍施設に入るために免許証が必要でした)。

終わりに

今回は本当にレース中、練習してこなかった後悔しかありませんでした。
ゴルフ同様、新シューズなど道具を購入してモチベーションもを上げても良かったのかもしれませんね。

次回は加須こいのぼりマラソンが12月にあります。それまでに対策練習をしっかりやって挑みます。

テーラーメイド Spider GT TM2

Spider GT TM2

トラスパターのスパイダーが2022年に発売されたようです。

先日、ラウンド同行頂いた社長さんに頂きました。あまりにヘタレパッティングを哀れんでくれたのでしょうか?

人からものをもらうのが大好きです。はい

 

このところ、ずっとセンターシャフトパターを使っていましたが、最近どうもその神通力もなくなっていました。

それどころか、ちょっとゴルフに対してモチベーションも落ちていました。ランニングが忙しい事が大きな要因です。それはしょうがない。でもこれからのシーズンはやはり避けては通れない。なんか気が進まない状態でした。

そんな時に↑これです。いい要素頂きました。すっかりゴルフモチベーションガッツリアップです。

話題の「トラス」です。そして俺の好きな「スパイダー」

そんなものが世に出ていたなんて知りませんでした。ゴルフ道具はメルカリしか見ていないのが原因です。この中古でやりくりがモチベーションが上がりきらない理由の要因なのかもしれません。

「トラス」は気になるものの、高い、そして今更ピン型は買っても使いこなせる自信がない。まあそんなおれマインド状態でした。こんな事誰にも話したことがないので、本当に素晴らしいめぐり合わせです。

構えてみると

センターシャフトですが、センターを意識させません。って書いていて意味がわかりませんが、本当に構えやすい。

私のパッティングイメージは

個人的には「トラス」部分だけでボールを打つイメージで打っています。

ネバーコンプロマイズの

stubby

ってサイコロ形状のヘッドの練習パターって昔ありましたね。

 

アレをちょっとイメージしています。あのサイズでスパイダーのブレ補正の安心感って気持ちです。実情はわかりませんけど。

転がりの良さ、直進性を感じます。過去ここまで自分の打ちたいパッティングにハマった感はありませんでした。

 

早々にゴルフ場貸し切りコンペで投入してみました。

※オレンジの人は私ではありません。

レギュラーティーで前側目だったのでのですが、このスコアは上出来です。

パッティング数見ての通り、かなりパッティングに救われているのです。このコンペのルールで「カップイン」でした。で、この数字。パッティング数のベストスコアかもしれません。

最近距離感に関しては
「10歩で右足シューズ二個分まで振り上げて自重落下」

という事ににしています。これのおかげでかなり距離感では楽をさせてもらっています。さらに、今回は1mからそれ未満のOK以上未満あたりの微妙な距離をカップインでしっかり入れるのにもこのパターに救われていたのかもしれません。

「まっすぐ外さずしっかりカップイン」って「構えやすさ→まっすぐ向く」って出来ないと出来ないですからね。

ネット情報などでも、「構えやすさ」を歌っているのでなるほどなぶぶんなのかもしれません。

おすすめです

 

 

長距離慣れ

5kmでこの夏はスピードを鍛えた云々を前回書きましたが

 

4410.hatenablog.com

ラソン目的でランニングをしているわけですから、長距離も無視はできません。

9月中旬に入り、暑いから5kmで抑えておくという言い訳もつかないわけです。

10月第一日曜にハーフマラソンのレースを入れていることもあるので、練習にちょいちょい長いのも入れてみました。

 

 

 

電車で六本木まで行き、ダラダラひたすら帰路

筋トレと心肺機能鍛えているから全然平気だろうって思っていたら、意外とくたびれているので驚きでした。

その後、5kmと10kmのランニングを入れてからの

 

 

19km
当初、もう少しゆっくり走るつもりでしたが、そこそこ脚が動いたので途中からスピードも意識してみました。

後半はヘロヘロ
やはり長い距離は別の筋肉があるんでしょうね

 

 

少しずつ慣れてきました。

ずっと6分ペースで走っていましたが、残り2km意識してスイッチ入れてみました。
なるほど、回数を重ねると、動けるようになっていることが実感出来ました。

10月2日のハーフマラソンはサブ4ペースで残り2kmはダッシュ計画です。

 

今年の夏は多摩川で5km走を走り込んだ

スピード強化がテーマ


この夏のラン練習のメインは「5km走」をしてきました。
暑い中、無理に長く走って疲れ切って免疫落とすより、課題のスピードを重点的にやるというテーマです。毎度のビルドアップ走の後半部分だけ集中してやるというイメージです。

場所とルーティン

場所は多摩川の日活スタジオ前辺りから下って、多摩川橋を渡ってタッチアンドゴーで折り返すと大体5kmです。

子どものスイミング教室にあずけている間(1時間)に30分程度走って、後はコンビニ行ったり着替えたり、スマホで記録見たりとうだうだ過ごすルーティンができました。

いままでこの時間はゴルフ練習をしていましたが、こちらの方がコイン駐車場200円で安い。

場所的には河川敷だから風もあるので夏に最適って思ったのですが、河川敷だから影が無い。それでも遊歩道になっているので信号もなく、そこそこ走りやすいのかもしれません。

記録は

今回は目標を22分台、スピードは最後の追い込みで3分台

として走りました。

ぎりですが、達成となりました。9月に入って涼しくなってきたので、いいタイム出るんじゃないか?ってちょっと期待していました。

とても満足したのですが、過去5km走でどんなタイムで走っていたか確認すると

 

今年の6月は

23分47秒

随分更新している。

4410.hatenablog.com

ウフフと満足したのですが、

21年2月の織田フィールドでの記録を見ると

4410.hatenablog.com

20分47秒

マジか!スプリットは


スゴい。自分の数字を見ているとは思えない。

スタートから4分前半の勢いに乗れている。

2月の気候、そしてトラックという場所

と環境が違いすぎるのですが、まあ言い訳するならリベンジだ。

次回は織田フィールドまで乗り込んで見たいと思います。

8月ふりかえりと9月

 

8月の記録

ランニング

目標では8月は100km走ろうと思っていました。
基本的に夏は長い距離を走るのは危険。夏バテをしない事が先決。課題のスピードをつける為に、5kmタイムトライアルで追い込むだけ。

これが計画でした。

 

しかしコロナで半ばまで動けなかったので、実質稼働は半月しかありません。でも、エントリーしている大会はあるわけで、ここはこの立てた目標に間に合わせるのもまた調整だということにしました。

毎日5km走っていれば、15日で75km。途中10kmを何度かやればなんとかなる計算です。しかし、月の後半で会合があり、深酒となりちょっと停滞。

最後は31日に朝5km、夜13km走ってなんとか帳尻を合わせました。

個人的にはとてもやりきった感、達成感です。

筋トレ

基本的には脚トレは週1、脚以外は週2、腹は一日置き。というペースで分散してやっていました。

コロナで熱のあった3日間、二日酔いの日だけ無印・・・・

9月の予定

ランニング

日を作って高尾山トレイルランニングを今年もやりたいです。

あとはランニング頻度をちょっと増やせば、結果的に150kmは伸びると思っています。

10月第一日曜にハーフマラソンがあるので、10km程度の距離を走り慣れておく必要も感じています。

筋トレ

頻度や負荷などはそのままにしておくつもりですが、走る量が増えれば必然筋肉量は落ちると思っています。受け入れないといけないですね。

食事、サプリメント、他

コロナ以降、お酒を飲む回数を減らしています。毎晩飲んでいたストロングを止めました。コロナで習慣化が止まったので、いい機会だと思いました。とわいえ会食で一回飲みすぎをしましたが、毎晩の習慣を止めたのは体にいい影響が出ると思っています。
本音飲むのがめんどくさくなりつつあります。

プロテインは毎朝オートミールと一緒にとっています。寝る前は麦茶か緑茶。緑茶のカフェインは気になりますが、寝付きには影響ないのですが、ひょっとしたら明け方前に目が開いてしまうのもこの影響かもしれません。まだまだ生活習慣で改善の余地は色々ありますね。

飲んでいるプロテイン

この540プロジェクトの↑ではなく、プリン味5kgを飲んでいます。飽きた。

第7波でコロナになった報告

 

感染

前日少年野球で練習中「熱中症」で途中帰宅した息子。朝起きてきてもダルそうにしている。まだ熱中症を引きずっているのか?フレークを皿に出したもののほぼ残した。

もったいない、オレ食うよ

→これが私のコロナ感染の瞬間です

初日(↑の翌日)

朝、パルコに次女と車で向かった。おれはスマホ修理屋さん。次女は何か買い物らしい。修理屋さんでかつて使っていたiPhoneをサブ機として手元に置くために修理するか否か話した結果とりあえず様子見って事になり店を出た瞬間異様な寒気

家では既に息子が熱が出て隔離中(感染を想定していたがまだ検査前)。こちらも覚悟していたので、ソレだと思った。次女とラインで連絡して、同じクルマに乗るのもやめることにした。エレベーター前でスパイの様にお金をさっと渡し、家族の昼飯を買って帰るように指示。

帰宅後、息子と抗体検査。息子は即陽性反応。おれは出ない。

もう覚悟して、息子と同じ部屋で隔離生活突入。

午後、近隣クリニックが発熱外来をしているとのことなので行った。ニュースでは混み混みとのことだったがガラガラ。拍子抜けしたが、「玄関前(野外)で抗体検査→希望者はPCRもします」というシステムが理由と推察。

抗体検査は数時間前に出ないことがわかっていたが、まあ言われるままにして、やっぱり陰性。でもせっかくだからPCRをやった。結果は翌日。しかしこのクリニック休みの為翌々日。ガラガラという状況には理由が存在している。

クリニックから帰宅後、正式な陽性患者になるには2日掛かったが、こちらとしては異様な熱と喉の痛みに「ああこれだな」という実感はあった。抗体検査で即陽性の出ていた息子と二人で家の夫婦のベッドルームで隔離生活となった。

2日目〜3日目

クリニックがコロナと診断しなくても処方してくれたカロナールとトローチを服用してやり過ごした。正直これさえあればなんとかなった。

カロナールに関しては3食に加えて寝ているときも熱で目が覚めたときに飲んだ。おかげで4日分が3日で切れてしまった。

クリニックから今更ながらの陽性通知の電話が来た。PCR検査の結果のFAXが届いていました。保健所にもFAXを送っておきます」

なるほど本当に医療機関と保健所はFAXのようである。しかし、アナログ故に確実性のある部分も感じる。

熱は3日続いた。カロナールはちょうどだったが、在庫がなくなるのは心細かったので、クリニックに追加を頼んだ。っていっても届けてくれるわけでもなく、子どもに頼むわけにもいかず、隔離部屋を抜け出し自ら取りに行くことにした。久しぶりの外界にウキウキする余裕はなかった。むしろ陽性者である自分が世でウロウロしていることの背徳感がした。

4日目

熱も下がり、ある程度余裕も出てきた。
役所から食料が届きました。


すげー嬉しい。しかしみかんの缶詰はいらん。

パスタなんてイタリアンだぜ、いつも食っているママ−の5分湯でじゃあないやつ!

 

ショートメッセージが保健所から届いた。今後の流れや云々など記載されていたが、私は年齢からか保健所から安否確認などが特に届くわけでもなく、後にも先にも連絡はこのショートメッセージ一回だけでした。

本来は7日を目安に「My HER-SYS」のIDが追って届くらしい。この番号を専用サイトに入れて「療養証明書」をネット上で作るらしい。これを生命保険の入院給付金の証明などに使うようです。しかし結局このIDは7日どころか14日経っても送られてきませんでした。

10日目〜

どうやらこの何日目というカウントの仕方は発熱日は0日目とするらしい。晴れて正式10日経った日から職場が夏季休暇に入ってしまい、+7日職場に行くことはありませんでした。半月以上仕事しないってすげーロングホリデーを無駄に使ってしまいました。「My HER-SYS」は結局ショートメッセージでは届かず、電話で問い合わせて、読み上げてもらいました。

生命保険に聞いて入院給付金の手続書類を郵送してもらったのですが、これも結局10日以上かかりました。件数が多くても、順次やれ、この辺の事務作業の根詰まりはこの国のシステムが崩壊している現れなのかもしれません。

 

振り返って

私の場合(3回めのコロナワクチンが3月だったので、5ヶ月目)副反応の様な状態になった程度でした。世で言う「軽症者」なんでしょう

熱が下がった後の隔離はユーチューブ三昧の生活でした。シミュレーションゲームのゲーム実況という今まで知らない世界が良かったです。じゃあそのゲームやりたいか?というとそこまでやりたくは無いんですけどね。

完治後のランニングなどについて

10日が明ける前から室内でチューブや自重でトレーニングはしていました。しかしそのときは気が付かなかったのですが、ゴルフ練習場でもなんとなく疲れを感じました。

子どもの頃、夏休みに野外で遊びすぎて光化学スモッグで肺の呼吸の違和感に似たアレを感じたのですが、それは考えすぎかな?直ぐに治りました。

ランニングも再開しましたが、無理はしないつもりでいました。病み上がりが原因かどうかは分かりませんが、転倒しました。

コロナをインフルエンザに例える人が居ますが、ワクチンを打っていてもインフルエンザよりかは辛いと思います。しかし役所が食料を届けるほどの騒ぎでもないとも思いました。まあ、しばらく世の中こんな流行病と共存していかないといけないんでしょうね。