ゴルフ マラソン トレーニング 筋トレ ジム ランニング ワークアウト

凡庸記録3

目標:マッスルゲート2020に体脂肪率5%台で出場

マッスルゲートへの道3

マッスルゲート出場を決め、とりあえず「バルクアップ」

肩、腹、背中を重点的にトレ

あまりランニングをしない

っていう2週間を過ごした結果

体重70.5kg→73kg

体脂肪11.5%→13.5%

→単に太っただけ!?

 

こんな事もありました。

やっぱり専門家のアドバイスが必要、生まれて一度もパーソナルトレーニング受けたことない。ならフィジークのパーソナルトレーナ−つけてみる。

って言うことで、知り合いのビルダーに紹介してもらい原宿のフィジークのトレーナーを紹介してもらいました。

予約はフロントでするとのことなので(手続き方法すらしらない)

フロントのガールにお願いしました。

当日、時間1時間前に到着しました。時間は1時間で予約しているのですが、その後はゆっくりしたいとか色々考え、電車で行って駐車代を気にしないで済むようにしました。

そこまでして挑んだ?のですが、なんとそのトレーナー、その日休日。

そんな日に予約受け付けたフロントのガールの責任。店長さんに丁重に侘びをされ、こちらも怒る気にもなれず、とりあえずトレして帰ることにした。

なんか気が抜けて、マシンチェストとプルオーバーだけで帰りました。

 

ダラダラ書きましたが、つまるところまだフィジーク選手らしいトレーニングはなにもできていません。単に太っただけ。

 

先は長い、色々あるね

3鉄で練習2

3鉄で練習している旨をツイートしたら、若いゴルフ猛者のアカウントからマッスルバックじゃねーじゃん(意訳)といじられました。

 たしかにどうせ練習なんだから、マッスルバックの方がミスも分かるだろうし良いだろう。

ごもっともです。

 

って事で倉庫からマッスルバックを引っ張り出しました

 

f:id:shi4109216:20200708173623j:plain

 よく見るとサビが浮いている・・・・・

f:id:shi4109216:20200708174120j:plain

構えると、ボールがはみ出している!わけないですが、不安感すら感じます。

比べてみると、キャロウェイX12の方が0.25か0.5インチ長い。

 

所詮はアイアンなので5wより短い!と自分に言い聞かせ、打ってみました。


3鉄

 

普通に打てるもんでびっくりしました。力んでしっかりガッツリ振らないと球が上がらないんじゃあないのかな?

ここの練習場は安いし、打席料も取られないので気に入っているのですが、上のネットが低い事が玉に瑕でした。二階打席だと↑のような有様です。

ポジティブに捉え、ドライバーガツガツ打つ気にならない。としていました。

しかし、こうやって「3鉄用レンジ」として考えるとベストマッチという事かもしれません。

 

さて、実際のところ

 

バルクアップ期のランニング

7月いっぱいはバルクアップ期としてガンガントレしてガンガン食って体でかくするぜ!っていう計画。

実際のところ体重が70kgから72kgになりました。

しかしどうにも気持ちがモヤモヤしています。ランニングは実は精神的バランスになっていたのでした。ジムでのトレにその爽快感がないとは言いませんが、なんか違うのです。

いや、原因は別なのかもしれない。とにかく走っていみました。

超爽快でした。梅雨のシャワーランニングということもあり、体の暑さも低減されました。雨降っていなかったら、14kmも走っていられなかったと思います。

こんなに走ってはバルクアップとは相反することは分かっているのですが、たまには休憩日としてランニングして気分転換もありなのかと思いました。

 

 

 

3鉄で練習

youtu.be

練習場で3鉄を打って練習しています。

慣れてくると、7番アイアンが9番アイアンにみえてきます。

 

ツイッターゴルフアカウントの方が「マンぶりの練習」を勧めていました。
意図は、マンぶりしていないと飛距離は伸びない。ごもっともだと思います。
特に年取ってくると、曲げたくない気持ち、綺麗なスイングで打ちたい気持ち、楽したい気持ちなどが先走ります。 筋肉は使えば伸びるし使わなければ落ちる。マンぶりを練習に入れる理屈はよくわかります。

そこで3鉄をあえて入れて練習することで自然とマンぶりタイムとすることにしました。3鉄はあまり上がりませんから自然とヘッドスピードを意識して振ります。本当はそこまでムキにならなくても、昔のゴルファーは普通に3鉄を使っていたわけでうまく打てればきちんと上がるとも思いますけどね。

f:id:shi4109216:20200705200923j:plain

キャロウェイX12の3鉄を使っています。かなりのグース、ボアスルー、肉厚

と3鉄業界では最軟派?かもしれません。

f:id:shi4109216:20200704124743j:plain

シャフトはオリジナルのスチールシャフト。

数々の練習器具に手を出していますが、一番実用的実践的かつハードな練習器具かもしれません。

 

 

スイング修正

↑トップで状態がのけぞる

↑修正

 これは体を捻転しようとして左手を巻きつけて捻っていた悪癖でした。

コロナ自粛中にプロに修正され、治っていたはずなのに、練習をするうちに

飛ばしたい→捻る

ってなっていたと推測

 

ゴルフ報告

「おかだいらゴルフリンクス」に行ってきました。

f:id:shi4109216:20200629102430j:plain

48/42PT35

冴えない結果でした。パットが入らない。ドライバーもいまいち安定していませんでした。2Hで9打ちました。2回OBココ以外はまあいつものボギーにパーが混じっているラウンドでした。短いホールで慎重に5wで打ったのが仇になりました。ドッグレッグで抜けちゃう危険性がない限り、変なことはしないほうが良いですね。

f:id:shi4109216:20200701110543p:plain

コースは霞ヶ浦の横の良いコースでした。今年中にもう一回行ってリベンジしたいものです。

 

帰宅する前にゴールドジムイースト東京でトレーニングをしました。

ゴルフがさほど疲れなかったので、しっかり胸、肩、腹をトレーニングしました。

夜は反省ゴルフ練習。

トップ位置に入るとき、状態がブレる。この癖がイカンと思っています。

マッスルゲートへの道:2

ジムの更衣室でトレーナーさん達にあれこれ質問をしてみました。

 

Q:マッスルゲートに出てみようと思うんだけどおれで大丈夫だと思う?(おれ半裸)

A:ぜんぜんOKですよ、それだけ筋量あれば

→接客業に彼らにこの質問は無意味、愚問でした。「お客さんまだですよ」「おっさんはやめておいたほうがイいっすよ」とは答えたくても答えられないですよね。

 

Q:そもそもマッスルゲートってどんな人数でどんなレベル?

A:今年は軒並み大会が中止だから、参加者は多いかもしれませんね、レベルは決勝を勝ち進んだ大会は選ばれた大会だからレベル高いと思いますが、いろんな方でると思いますよ。

→まあ、この辺はわかっていた話

 

Q:ポージングはどうやって習得するの?動画?パーソナル
A:パーソナルトレーナーはトレーニングを教えることは出来ますが、ポージングはできる人は限られます。動画とかで流れ掴んでおけば・・・

→けっこういい加減で目が泳いでいた。そりゃあそうだろう。

 

Q:減量ってどう?何%ぐらいなの

A:トップの方たちは5%目指すみたいですね。あと水抜きとか色々テクニックもあります

 

やはりバイトのトレーナーにあれこれ聞くのは限界がありそうです。
知り合いのビルダーさんと、そのトレーナーさんに聞く方が良さそう。
あと、質問もあらかじめ準備しておく方が良いと思いました。実際のところ、おれはパーソナルトレーナーをつけたことすらないからね。

 

<質問ストック>

1)ポージングどんなことする、練習方法

2)減量のスケジュールについて

〜8月までバルクアップ。8,9,10月で体脂肪率7%まで落とし、11月中に5%

というおれスケジュールでどうか?

3)現状から見たおれ強化ポイントはどの辺?

4)昔から半信半疑だったデットリフトのフォームとサイドレイズのフォームは間違っていないか?

5)3セットで最後のセットは15回以上目標になる組み方をしているけど、これでいいか?

6)ビルダーは同じ部位を何度も角度を変えてやっているけど、やっぱりそうしないとダメ?時間掛けたくないので、1部位2種目程度に押さえたい。

7)疲労回復が遅いので、週6はキツイ。週5で残り2はランニング程度にしたいけどダメか?

 

 

ポージングは本当に新たな運動競技を始めるというと捉えています。
減量はサンボや柔道の減量と違って、試合に出れる出れないではなく恥かくだけですね。水抜きとかもあるようなので直前のツメに関してはやはり新たなノウハウが必要だと思っています。

今までトレーニングはマラソン(ランニング)補強という側面以外はやりたい事やりたいだけやっているだけだったので、フィジーク的な概念は一切入っていません。筋肉の付き方を客観的に見られた事はないのです。今更ですが、体つき見られるって恥ずかしいです。

この際色々聞いて勉強したいと思っています。