凡庸記録

46歳の「ボディーメイク」「ゴルフ」「マラソン」の記録。参考にしていただければ幸いです。

多摩ヒルズでゴルフしたレポート(2021年7月追記)

2017年のエントリーですが、時間の経過とコロナ禍で多少状況が変わっていたので2021年4月に加筆変更しました。

 

多摩ヒルズゴルフコース

場所

 

多摩ヒルズは在日米軍のリクリエーション施設です。

古くは日本軍の弾薬庫とか、管轄は空軍とか日米地位協定とか、面倒な話は専門のブログにおまかせするとして、このブログはお楽しみ用情報ブログとして書いています。ご理解の程よろしくおねがいします。

 

私は特別コネがあるわけではありません。開催されているオープンコンペに参加しています。何度かプレーする方法について問い合わせがございましたが、その辺に関しましても、私は関係者ではないので、ここでは返答を差し控えさせていただきます。正直言うと、私もなぜ私に案内が来るのかよくわかっていません。

トモダチ!!


この撮影した日は横田基地の消防隊の主催のコンペとの事です。

 

入場について

事前に名前、連絡先、国籍、入場する際の自動車のナンバープレートを連絡しておきます。車両保険(任意、自賠責)も用意することを言われます。

入場時の持ち物としてパスポートもしくは運転免許証やマイナンバーカードでもOKとのこと。免許証の場合本籍地のはいった住民票が必要です。

かつて
期限切れのパスポートで入ることが出来た事もあります。この時は実は念の為免許証を用意していました。

横田基地、座間基地の場合はもっと厳しいです。車両の下まで鏡でチェックしたり、実際に車両の保険証のチェックもされます。やはりここ多摩ヒルズは基地本体ではないからなのでしょうか?しかし、入場時にチェックするセキュリティの方の腰には銃があるのでビビります。 

あさ5時45分から朝食を食べてショットガンスタートです。

2021年4月追記
10分間隔の1hからのスタート、朝の朝礼無しでした

カート

こちらの2人のりカート×2で回りました。

f:id:shi4109216:20210416193102p:plain

↑2021年、特にカートは更新されていませんでした。

私が過去乗ったカートの中では最速でした。かなりトルクフルです。始動都度、隣の同伴者の頭がグラグラ揺れるのがきになります。これはアップダウンの激しいコースの為の仕様なのかもしれません。(未確認の想像です)

落雷時の注意

 

コースについて

f:id:shi4109216:20210422093833j:plain

スコアカードの裏の地図です。
#9、#8の奥が川崎街道です。
もっと長く作れる余力はありそうですよね。まあ、これ以上開発する事はないと思います。

スコアカード

f:id:shi4109216:20210422093845j:plain

はっきり言って短いです。バックティーでプレーするのはキャディマスターに言うべきなのか?日本人はダメって言われるんじゃないか?そもそもコンペで来ている俺達はそれは無理なんじゃないか?とかなんとか思うと、面倒だからレギュラーティーで6000yそこそこでまあ楽しんじゃうわけです。

「4/5」というホールがあります。まあ、このコースに限らず偶にありますね。私ははっきりしてほしいと思う派です。

 

ヤーテージ情報

ブラインドホールは↓この様な設備で鳴らして後ろの組に知らせる事になっています。

ボンベだと思います。超アナログ式で故障や間違いはないはずです。しかし、この横を通らないと忘れちゃうんですよね。

2021年4月追記
現状は、この音シグナルに加えて電波信号もあります

が、場所によっては故障していました。やはりアナログの確実性を感じました。

毎ホール、ティーグランドもしくはその付近にこの様なコースレイアウトが記載されています。

しかし、正直わかりにくい。

コース途中によくあるヤーテージの小さい丸くカットされた木もありません。

代わりにプレートがコース内に埋め込まれています。

f:id:shi4109216:20210416194220p:plain

芝に埋め込まれているヤーテージの看板の石↑を探すなんてできるわけがありません。
GPSやスコープなど持ち込むことをおすすめします。
一般的なゴルフ場では有りませんが、GPS各社このゴルフ場のデータはあります。 

 ウォーターサーバー

3ホールぐらい間隔で設置されています。

当然ただで飲めます。脇に設置されているコップがこの三角紙コップという、にかにも日本仕様ではない感の丸出しコップです。

単なる水ではなく、凍らせているのか、キンキンに冷えています。

2021年追記
↓の様にウォーターサーバーは撤去されています。これもコロナ対策とのことです

 f:id:shi4109216:20210416193231p:plain

 

ティーグランド

以前はグリ石程度の石にペンキで塗られたような乱暴なマークだったのですが、このようにロゴ入りのプレートに変わっていました。

2021年4月追記

f:id:shi4109216:20210416194002p:plain

丸い形状に変わっていました。↑はレディース
レディースティーの設置の有無そしてその距離についての情報は女性はとても気になる情報だと思います。距離が出ない女性は喜ぶ親切設定になっています。


その他コースに関して

基本的に、思いやり予算のおかげか?!かなり良いコースコンディションです。
2021年4月追記

f:id:shi4109216:20210416201341p:plain

かなりの量のたんぽぽが咲いていました。驚きました。
予算は維持されえたまま延長されたニュースがありましたが、ここは違う要素があったのでしょうか?www.nikkei.com

f:id:shi4109216:20210416202008p:plain

ショップについて

クラブハウス1Fにプロショップがあります。私のような一般ピープルではなく、関係者がこのゴルフ場でプレーする場合は、このレジで手続きや支払いなどをします。一度某関係者にご案内されて来た時、その様なシステムでした。

↑この写真は店外の廊下からウインドー越しに撮影したものです。

↑なぜそんなコトワリを入れたかというと・・・・

このレジの婆がマジうるさく怖い

店内で写真なんて取った日にはすげー怒鳴られます。ドル表記の値札に感動して撮影したら思いっきり怒鳴られました。またゴルフ5やヴィクトリアなどではお目にかかれないオリジナル商品やらで一日中居られるほどでうっとりしていると、「買わないなら出ていけ」とまでは言いませんが、駄菓子屋の婆ばりに色々言われます。私のようなぼんやり妄想ゴルファーはまさにターゲットです。毎回何か言われ、モヤモヤを一緒に買って帰っています。

クレジットカードはJCBが使えません。一度↑の婆に「日本発行のクレジットカードは使えません」とクレジットカードの意味すら否定する指示(命令)を受けたことがあります。

私自身、年に1度来るか来ないかの頻度なのでしょうがないのですが、とにかくこの施設はシステムがコロコロ変わるので注意が必要です。

 →21年7月現在、閉鎖されていました。

食事について

私が参加しているこのオープンコンペは朝食、昼食付きです。

2021年追記

朝食

f:id:shi4109216:20210416195129p:plain

かつてはレストランの隅のグリルで焼いているベーコンやスクランブルエッグを配布されていたのですが、今は上記写真の様に盛られた皿と箱をカウンターで配布されます。

飲み物

ビールにも酒税、消費税は発生しません。3ドルで販売されていました。f:id:shi4109216:20190731162729p:plain

アウトコースインコースのスタートホールの間にコース管理オフィスがあり、その後ろが売店になっています。ここで軽食と飲み物が買うことが出来ます。

コース内の小屋の自販機ではアルコールが買えませんのでココで購入することをお勧めします。もちろんドルも円も使えます。

2021年追記
この売店がクローズになっていました。飲み物はコース内の自販機か↑の食堂のカウンターで購入することになっていました。

f:id:shi4109216:20210416195556p:plain

2021年追記
コンペの参加賞としてソフトドリンクが配布されました。私はあえて↑この

クールなテイストを選んでみました。



昼食

 

スループレーの後はアメリカンなデカハンバーグをいただきます。

↑ソースの類は一切有りませんので、私は思いっきりケチャップとマスタードをぶっかけて食うのが好きです。

 

2021年追記

f:id:shi4109216:20210416195942p:plain

チーズケーキが追加されました。炭酸ジュースは飲み放題だったのですが、横田基地のルール?でおかわり禁止になった旨が書かれていました。
チーズケーキは濃厚で美味かったのですが、ハンバーガーは正直言って美味くなくなった。パンがボッソボソ、肉がボロボロ。近年、ゴージャスなハンバーガーがブームでこちらも舌が肥えてきたのかもしれません。が、やっぱり残念感

パーティー

私が個人的にとても気に入っているのが、このコンペの表彰方法です。
司会の方が
「90台より少ない方手を上げてください、80台の方〜70台の方〜、はい貴方優勝!」

スコアカード提出も新ペリの隠しホールも関係ありません。完全実力主義

やはり先ずはクラッチのベスグロの表彰こそコンペティションでありチャンピオンなのです。

で、その後抽選会。そもそも新ペリなんてビンゴゲームみたいなものですからね。

2021年追記
パーティーは行われず、ハーフだけのスコアで集計して食堂で結果が発表されていました。どのような状況になっても、より合理的な手法を採用する徹底された運営には驚かされます。 

全体的な感想

コース自体は短く、アップダウンの激しいコースです。コンディションも特別いいとも言えませんでした。
しかし、一般的なコースと全く違う運営スタイルはとても自由でおおらかに感じます。
自分でカートを運転して自動車に横付けしてカートに荷物を載せ、スタートホールにカートを運転して向かうって、本来当たり前ですよね。
セルフプレーをするゴルフ場は増えましたが、ここまで徹底したスタイルのゴルフ場はここしか私は知りません。


トイレの便器の位置が微妙に高かったり、大便のドアの下が丸見えなど、無駄にガチなアメリカン雰囲気が不思議と好きです。1年に一度は来て楽しみたいと考えています。

f:id:shi4109216:20210416202921p:plain