中庸記録

過ぎたるは及ばざるが如し often wrong

ビブラムファイブフィンガーズ報告

ビブラムファイブフィンガーズのシューズを愛用しています。その感想などの報告です。

ビブラムファイブフィンガーズ

 

この本が火付け役と言われています。私は完読出来ていません・・・・

世の中ブームの厚底ランニングシューズの真逆の世界ですよね。
コチラのほうが本来の姿と考えて当然です。 

 ベアフットランニングといえば、このシューズか

 ワラーチ

経緯

私は元々ビブラムファイブフィンガーズを持っていました。裸足のランニング云々ではなく、薄ペッたいので携帯に便利なのでジムのトレーニング用シューズとして使っていました。レスリングシューズより荷物になりません。

ビブラムファイブフィンガーズとケトルベル

初めて履いた時、トレッドミルのベルトコンベアのゴムのザラザラまで感じる事に感動したことを覚えています。

ジム使用では

デットリフトやスクワットではできるだけ裸足感覚ですることができるので気に入っています。たまに普通のシューズでスクワットをすると逆に違和感すら感じるようになりました。
とわいえ、ジム内をウロウロしたり、トレッドミルをするにしてもさほどの距離ではないです。やはりジムシューズとしてはなにより携帯性に優れ、私はそこに評価しています。ちなみにジム内では裸足にこのシューズを履くことが多いです(写真は偶然5本指靴下を履いていた)。そして使用後はアルコールで消毒しています。これで匂いは発生しません。

現状

上記写真のシューズは2代目で、初号機は穴が空いて捨てました。かつてビブラムファイブフィンガーズで訴訟があったと聞いています。そのシューズだったような気がします。2足使いでジム用(インシューズ)とランニング用(アウトドア)に分けています。

ゴールドジムのビブラムファイブフィンガーズ

ゴールドジムで売られていたダブルネームのビブラムファイブフィンガーズ。ジムの名前が付いていますが、これを外走り用にしています。

 

ビブラムファイブフィンガーズを履いていたおかげで、後にワラーチを作り走り始めた時、ワラーチにさほど違和感は有りませんでした。衝撃や走り方とかその辺に関してはすでに経験済みだったのです。

 

走り方

特に意識していません。この「意識なく」というのが大切な部分だと私は考えています。とうぜん「かかと着地」では膝を痛めます。だから自然とその走り方はしなくなります。
例えるなら痛みがあるとかばって走り方を変えるから、違うところを痛める。

あの状況に近いのかもしれません。

走る路面については、アスファルト舗装された道路がオススメです。一見、野山やクロスカントリーコースを走るイメージですが、砕石の尖った石がとても危険です。アレに当たってしまったら、最悪怪我します。私は安全第一に普通の道路を走っています。

効果

しかし、普段使いのシューズのソールを見ると、やはりかかと外側がすり減っているので、履いているときだけ修正しているだけなのかもしれません。それでも、その履いている時はそれなりのフォームで走っているのも事実なわけで、それなりの効果もあると私は考えています。

さらに書くと、じゃあそれでタイムは上がったのか?怪我は?という話ですが、まあ40代半ばにきて、とりあえずタイムは上がっているのでマイナス効果にはなっていない。ビブラムファイブフィンガーズ履いて怪我したことはありません。

 

お勧めか?

ランニング主体で利用を考えているなら、さらにもう一歩進んで「ワラーチ」をおすすめします。足が完全に裸で露呈していることの爽快感は、全く違います。ワラーチを履いて初めてベアフットランニングだと思います。自転車と補助輪付き自転車は全く別物というところです。

ではジムのインシューズとしての利用と考えるならオススメです。携帯性のいいシューズでいいのってあまりないんですよ。たまに内装工が履くようなシューズを履いている方もいますが、意図はわかりますが、どうも冴えない。

 

 

というわけで、次回はそんなにおすすめするワラーチについて書いてみたいと思います。