凡庸記録3

40代のフィジカルトレーニングとゴルフ他仕事以外の報告

心拍トレーニングやってみた

このガーミン220Jと心拍数計

f:id:shi4109216:20151030134401j:plain 

f:id:shi4109216:20151030134455j:plain

で、心拍数を上げ過ぎないで走るトレをしました。

アラート機能を使って
125bpmを上回る心拍数が計測された場合アラート(私はバイブを選択)が発生するように設定しました。
今回はこのアラートが気がつくか、不安だったためiPhoneを持たず音楽なしで走りました。

 

結果は
このアラートに怒られまくり。ちょっと気持ちよく走ろうとするとぶるぶるぶる〜!
走りたくても走れない。
しょうがないのでフォームのことばかり考えるじっくりゆっくり走る10kmでした。
アラートがとにかく優秀。次回から音楽を聞いても十分気がつくと思います。

かつてここまで自分の内面を計測してその状況から指示されたことはないと思います。機械に支配され、身を任せている快感の境地です。

f:id:shi4109216:20151030143522p:plain

f:id:shi4109216:20151030142504p:plain

こうやって見ると、心拍数を制御することで、結果的にペースもフラットに走ることに成功しています。
今まで5:40/kmぐらいで走っていたので、この遅さはかなり苦痛に感じました。

f:id:shi4109216:20151030142658p:plain

確かに「おしゃべりしながら走れるスピード」とはこの程度なのかもしれません。
又、もうあと10kmと言われても時間があるなら普通に出来ると思います。

次回は20kmでやってみたいと思います。

一回やってみて、脂肪燃焼してガッツリ体重落ちました!

なんて効果の分かるはなしではありませんが、「やった充実感がちょっと足りない程度」云々など教科書に記載通りの感覚があるので、多分重ねていけば教科書通りの効果が出るものと推測します。

 

今回は125bpm設定でしたが、この辺は変更出来ます。さらにはテンポに関してもアラート設定が出来るようです。その辺もいずれチャレンジ報告すると思います。

220JをGPSウォッチとして使っていましたが、心拍数の機能を使っていなかったのは本当にもったいないと思いました。

200Jおすすめです。