凡庸記録

47歳のフィジカル管理とゴルフの記録

第6回東日本ハーフマラソン大会出場のメモ

コロナでレースが中止が続き、モチベーションも落ち、ウダウダしておりましたが

コロナ明け(かどうかはわかりませんが)初のレースに参加しました。

 

第6回東日本ハーフマラソン大会

www.runningkanagawa.com

 

相模原の駅前の米軍施設「相模総合補給廠」で開催されるマラソン大会のうちの一つです。
2019年に参加した際は1時間45分ペース5分で走ったという記録がありました。
この頃は結構練習量も充実していました。ONのクラウドフローを履いて意気揚々と参加したら、小石が足の裏に挟まって面倒だったことをよく覚えています。

4410.hatenablog.com

探してみると、ちゃんとここで記事にしていました。当時は当時なりに運動不足とか抜かしています。

 

 

で今回は

 

 

 

1時間54分

とにかく辛い21kmでした。

要因1)

スタート時点で25度の気温。ゴール時は30度までいっていたと思います。

この暑さでバテました。

要因2)

長距離練習不足。今年の夏は夏バテ防止で5kmの短距離をできるだけスピード上げて走ることで濃度上げて練習してきました。確かにスピードが出るようにもなりましたが、20kmで暑さの中走るという状況は真逆です。裏目裏目に出たと言わざるを得ません。

原因3)

ズームフライ3重すぎ
そもそもバテているからそう感じたのかもしれません。でも次回はノンカーボンプレートもしくはワラーチでレースに出てみたいです。



 

対策

・5kmのタイムトライアルは月一回程度の目安に抑える。
・10km以上のランニング回数を増やし週3はやる。
・20km以上のLSDを週1回以上やる。
・タバタトレはランニング前に動的ストレッチ→タバタ×1として入れる

 

持ち物

自分の反省だけでなく、一緒に参加した先輩を見習って次回に生かしたいと思いました。自分用メモとして残しておきます。
レジャーシート→スタート前と後の休憩用
ワイヤー鍵→荷物を預けられない場合、引っ掛けておく
ニベア→万能薬?
財布→持っていかない(これは今回私はやりました。スマホと小銭があればなんとかなります。今回は米軍施設に入るために免許証が必要でした)。

終わりに

今回は本当にレース中、練習してこなかった後悔しかありませんでした。
ゴルフ同様、新シューズなど道具を購入してモチベーションもを上げても良かったのかもしれませんね。

次回は加須こいのぼりマラソンが12月にあります。それまでに対策練習をしっかりやって挑みます。