ゴルフ マラソン トレーニング 筋トレ ジム ランニング ワークアウト

凡庸記録3

体脂肪率9%維持、サブ4の脚力の維持、ゴルフハンデキャップ8を目指す記録

第一回世田谷1人ハーフマラソン大会

単に20km以上一人でダラダラ走っただけなんですが、上記タイトルでSNSにアップしたという話です。

ネタも特に無いのですが、せっかくなのでレポート

1)きっかけ

12月1日の加須こいのぼりマラソンで走ることが出来なかったので、同等距離走りたいと思っていました。本物のレースと違いアドレナリン出ませんけどね。

2)状況

翌週とはいえ、それなりに家庭内案件はあるわけで、家族全員夕飯食い終わって、トランプやってウノやって、それから出発。

3)服装

シューズ:ミズノウェーブニット。

長い距離でスピードを求めないので、丈夫そうなシューズを選んでみました。

短パンにタイツ

上半身は夏用のロングタイツ、

夏用のタイツはダメ。寒いわ。

 

スウェット、ワークマンのウインドブレーカー

このスウェット

これが余計でした。コレ着るならウインドブレーカー不要でした。しかし黒なので白のウインドブレーカーはマストと思っていました。

今回気温は8度。今後は寒さ対策としては、ネックウォーマー、帽子、グローブなどで対策をするに留めておく方が良さそうです。

4)コース 

走る前はとりあえず、世田谷城跡→駒沢公園を考えていました。
駒沢公園を何周かしてそのまま帰るか、などの距離は走りながら考えました。

結局、同じコースを走るのが嫌なので、駒沢公園も1周にして、二子玉川駅へ向かいました。

 5)状態

かなり悪いコンディションでした。
原因は金曜日のスクワット他

↑これの疲労が抜けきるどころかピークになっていました。
さらには
朝、犬散歩帰りに、ケトルベル20kgでスイング×20、20、30

15km程からスピードを意識してもスイッチが入りません。足が重たい。
6km/hを切るのがなかなか難しく感じました。

6)ランニング中の考察

勝手なオレ解釈で、マラソンはこのケトルベルスイングをガンガンやれば、インターバルトレということでランニング頻度を落としても、サブ4は行けるのではないか?という仮説を考えています。

一般的にサブ4は150km/月の累積走行距離と言われています。

tomo.run

(ちゃんとデータとってまとめている↑ブログがあります)

私は目標3時間40分ということで、サブ4から更に20分潜る必要がある。
この20分をケトルのスイングでインターバルトレでどうよ?

という訳です。他には2019年は体重73kgで挑んでいるのに対し、今年は70kgを切っている状態です。この体重効果に関しても、「-1kgで-5分」というネタを聞いたことあります。もちろんレベルによって違うはずです。サブ3とサブ5レベルでその影響は違って当然です。5分とわかりやすい数字も若干疑問です。とわいえこの辺の言い伝えもある意味ビックデータなんでしょうね。

ケトルベル+3kg減量+去年程度の累積走行距離
→3時間40分

まあそんなこんなウダウダ考えながら走っておりました。

↑この本は-1kg-3分だそうです。

実際にはすげー足が重たいので、本当に大丈夫なのか心配でした。

 

まあ、そんな週末の夜を過ごしたという話です。

これから忘年会新年会シーズンです。どう過ごすかも大切な要素ですよね。