ゴルフ マラソン トレーニング 筋トレ ジム ランニング ワークアウト

凡庸プロ記録

中肉中背中年男の運動報告他 often wrong

ジムを辞め、クレジットカードを作った話<追記>

ゴールドジムに入会したのが2008年。

まる12年が経過していました。効果はあったのでしょうか?

 

・一度もコンテストに出ることはありませんでした。

→まあ、はじめからボディビルやるために入会したわけではないです。

・柔道もやっていない(出来ない)、ので効果はわかりません。
→年取る一方ですからしょうがない。

・ゴルフの飛距離やスコアは別の話
→元々その目的ではない。

・フルマラソンは2回出場してサブ4は2回ともできました。
ゴールドジムらしくない効果実績、いやジムのトレだけでレースに出たわけではないが、それなりの効果はあったと思います。

・気晴らし、ストレス解消、健康維持
→ココがいちばん大きかったと思います。自宅と職場が近すぎるための運動不足や思考の混乱などモヤモヤとした30代を乗り切ることが出来たのは紛れもなくジムワークだったと思います。

 

今後も40代50代と続ける事に何の疑問も持っていませんでした。

しかし、このコロナ禍でジムが閉鎖されたとき、公園や自宅リビングで自重トレーニングをやるようになりました。
これがなかなか良かった。加齢による加重が少なくなっていた事にうすうす気づいては居たのですが、工夫次第で自重トレによる体負担の少ないトレーニングが自分にマッチしていることを感じました。

一度目の緊急事態宣言が明けた後でも、ジムの危険や心配が拭えないのでジムに行かず、自重トレを続けていました。

 

結果、とても動ける体になった実感。

 

ウエイトトレーニングは動けない体になる」という前近代的な事を言うつもりはありませんが、絶えず過度な筋肉痛を抱えている状況とは大違いです。そもそもラソンをやるようになって脂肪が落ちた体になっていたところに、ほどよい筋肉で動けるということでしょう。

あと、家族との時間が増えました。リビングで筋トレしながら子どもの勉強を見守ったり、TVを見たりと時間を共有する事になんとなく価値を感じました。

子どもの頃、休日に父がゴルフで居ないのが当たり前だったので、自分は土日ゴルフやらないことにしています。ジムはゴルフ程ではありませんが、できるだけ今の時期は家族で過ごす事の大切さを考えると、ジムもリビング筋トレで代替出来るのならこの方がいいと今更わかりました。

というわけで、ジムの1年契約を更新しませんでした。

とわいえ

全くジムを否定したり、行かないでいいという思い切りの良さがない私は

www.smbc-card.com

このクレジットカードの入会を申し込みました。ジム入会時に強制的に作らされるジャックスカードではありません。これがあれば1,660円でビジター利用ができます。
一回の金額としてはそれでも高いですが、月3回前後の利用だったら確実にこちらの方が安いです。

サブスクリプションと反対側ですが、消費者にとっては本当はその方がいいという事の事例なのかもしれません。

 


 

<追記>

なんかこのエントリーを書いている時、スラスラ書けると思ったのですが

数ヶ月前に同じネタで書いていました。ネタかぶりもいいところです。徐々に危なくなってきました。